とっておきのどうわ<br> せなかのともだち

個数:
電子版価格
¥999
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

とっておきのどうわ
せなかのともだち

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月20日 05時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 79p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784569785608
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

出版社内容情報

いじのわるいひつじの毛と、おこりん坊のはりねずみの針がからまってとれなくなってしまって……。

萩原弓佳[ハギワラユカ]

洞野志保[ドウノシホ]

内容説明

ヒツジの毛とハリネズミのハリが、からまっちゃった!だれかにお願いしなければ、とれそうもありません。ところが、いつもえらそうにしているふたりは、やさしい顔つき、やさしい言い方ができなくて、みんなに断られてばかり…。第16回創作コンクールつばさ賞(童話部門)優秀賞受賞作!小学校低学年から。

著者等紹介

萩原弓佳[ハギワラユカ]
1971年、大阪府生まれ。大手前女子大学文学部史学科卒業。『せなかのともだち』でデビュー。同作(原題「はじめての握手」)で、第16回創作コンクールつばさ賞童話部門優秀賞受賞。2015年、『お子さまディナー』で第37回子どもたちに聞かせたい創作童話第2部入選。日本児童文芸家協会会員

洞野志保[ドウノシホ]
1977年、北海道生まれ。スロバキア在住。女子美術大学美術学科洋画・版画コース卒業。その後、スロバキアのブラチスラヴァ美術大学に留学し、2006年に卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やすらぎ

131
優しさを知らない、ヒツジとハリネズミ。俺たちはこんなに困っているんだぞ。どうにかしろ!…それは頼み事ををするときの言葉ですか。その態度で誰かが手伝ってくれましたか。クマは諭し、森の奥に去っていきます。…誰も助けてくれない。お願いするってどういうこと?事の重大さに気づき、下手なりに試してみる。その行為が何かを解かし、知らなかった優しさを受ける。傲慢からの孤独、絶望からの救い。…助けていただけませんか。お願いします。ありがとう、という言葉の力。不器用でもいい。その素直さが心に響く。優しさが微笑みを生みました。2021/06/15

chiaki

42
いじわるヒツジのふわふわの背中に誤って落ちてしまった、おこりんぼうハリネズミ。2人は他の動物たちから嫌われていて友だちがいません。ふわふわのヒツジの毛にどんどん絡まって、身動きが取れないハリネズミ。背中のハリネズミをどうすることも出来ないヒツジ。もう誰か他の動物を頼るしかありません。でも、嫌われものの2人に力を貸す者は誰もおらず…。挿し絵が最高です!ヒツジとハリネズミ、その他の動物たちの心情が表情から読み取れてとてもリアル。「友だち」を考える読書感想文、人権作文に良書。2019/07/24

れっつ

31
書影だけではわからなかったが、作画の洞野志保さんの絵が非常に本格的!詳細かつ重厚に描かれる、怒れる主人公・羊の目つきが正直怖すぎ…笑。もう1人の、やはり怒れる主人公・ハリネズミが、崖下にいた羊の背中に仰向けに落ちて、互いの針と毛が絡まって離れられなくなったことから、期せずして2人一緒の旅が始まる。怒りを撒き散らす人は、傍迷惑だけど、強がって虚勢を張ってる本当は寂しがり屋で、人に認めてもらい受け入れてもらうことで少しは優しくなれるようだ。めんどくさいけど人間らしい。あれ?2人とも確かに"人間"ではないけど笑2020/07/01

花林糖

22
(図書館本)可愛い!面白い!羊とハリネズミの表情が最高。洞野志保さんの絵がとっても素敵です。幼年童話で見開きの絵も多く、文字も少なめなので絵本のようでした。(購入)2016/07/25

杏子

17
びっくりした!予想外にいい話。絵が全面に出ていて、絵本みたい。読み聞かせにもつかえそう。いじわるだったヒツジとハリネズミが互いに困った状態になって、ひとに頼まなければどうにもならなくなる話で、滑稽にも感じられる。人に物を頼むときは丁重にしなければね。傍若無人のマナー知らずの一部の人たちに効きそうな感じ。2018/02/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11079085
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。