社長になる人に知っておいてほしいこと

個数:
電子版価格
¥950
  • 電書あり

社長になる人に知っておいてほしいこと

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月18日 14時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 141p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569771687
  • NDC分類 335.04
  • Cコード C0034

出版社内容情報

大好評『リーダーになる人に知っておいてほしいこと』の第二弾。危機から転じて成長へ。最高経営者として歩むべき道を提示する講話録。

危機から転じて成長へ――どうすれば危機の突破口を見いだし、今の状態を脱け出して大きな「飛躍」を得ることができるのか。危機に陥らないよう経営をし、それでも生じた幾多の危機をも乗りこえてきた経営者・松下幸之助。事業経営に命を懸けて一生涯取り組んだ人間ならではの熱き思いと深き思索が、経営者たちの真摯な質問に対峙することで、見事に発露する。本書は、経営者・経営幹部そしてこれから「社長になる」つまり次代のリーダーに資するところがある思われる発言を膨大な記録の中から42項目に厳選し、熱意・覚悟・信念・素直・信頼・飛躍の計6章構成にしたものである。不況克服が出来ないまま、ますます熾烈な闘いを強いられている企業経営において、いま絶対に必要とされるものはなにか――松下が自らの体験をもとに厳しくも温かい言葉を投げかける。主項目
●最高の熱意はあるか
●奇跡は起こる
●社員の働きを殺していないか
●心根は伝わる、など。

●序にかえて 

[I] 熱意の章 

[II] 覚悟の章 

[III] 信念の章 

[IV] 素直の章 

[V] 信頼の章 

[VI] 飛躍の章 

内容説明

危機から転じて成長へ―厳選された事業成功・発展への羅針盤。絶対に必要なのは熱意である。熱意にかけては最高でなければならない。

目次

1 熱意の章
2 覚悟の章
3 信念の章
4 素直の章
5 信頼の章
6 飛躍の章

著者等紹介

松下幸之助[マツシタコウノスケ]
パナソニック(旧松下電器)グループ創業者、PHP研究所創設者。明治27(1894)年、和歌山県に生まれる。9歳で単身大阪に出、火鉢店、自転車店に奉公ののち、大阪電灯(株)に勤務。大正7(1918)年、23歳で松下電器を創業。昭和21(1946)年には、「Peace and Happiness through Prosperity=繁栄によって平和と幸福を」のスローガンを掲げてPHP研究所を創設。平成元(1989)年に94歳で没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

今野 富康

8
松下幸之助の語りを文字化したもの。実際に、語りかけられている用な感じがして心地が良い。経営者の質問に答えている場面が多いが、質問の内容をみていると40〜50年前の話なのにほとんど現代と変わらないことに気が付く。時代は変わっても人は変わらないということか。2016/07/05

凌🔥年300冊の読書家🔥

5
大切なことがわかりやすく書いてある。 定期的に読み直して、忘れていることはないか、確認したい。2019/07/13

シューラ21

4
色あせることなくスーッと入ってきました。ここからの実践が大事 少しずつでもやっていこう2013/03/05

Hidenori Takahashi

3
最新の本と、使っている言葉が違うだけで内容は同じだと思った。結局のところ本能(すぐサボる)と真逆の真理だから、誰かが提唱してもすぐ忘れ去られてを何十年と繰り返し、ごく一部の実践し切れた人だけが上手くいっているんだと思う。2019/09/17

さーふアザラシ

3
偉人の言葉の現代にも通用する。偉大な人の言葉を習う。自分の至らなさなどもわかる。成功者は達観している者なのだと思った。2018/07/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/518576
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。