PHP文庫<br> 「幕末維新」の不都合な真実

個数:
電子版価格 ¥699
  • 電書あり

PHP文庫
「幕末維新」の不都合な真実

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年06月13日 05時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 309p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784569765426
  • NDC分類 210.58
  • Cコード C0121

出版社内容情報

江戸城は徳川家に返還されるはずだった? 彰義隊の戦いこそ天下分け目の決戦? “勝者の視点”で語られがちな幕末維新の真相に迫る!

【著者紹介】
HASH(0x3d87ce8)

内容説明

幕末維新のターニングポイントとなった「江戸城無血開城」。江戸を壊滅から救い、日本の内乱を最小限に抑えた大英断は、今も“美談”として高く評価されるが、本当だろうか?―本書は、この交渉の立役者である西郷隆盛と勝海舟に注目し、江戸をめぐる攻防戦に秘められた数々の“不都合な真実”を描き出す。徳川家の猛烈な巻き返し。本当に追い詰められたのは新政府だった!?

目次

序論 “不都合”を覆い隠す「江戸城無血開城」のストーリー
第1章 追い詰められた薩摩・長州藩―徳川慶喜の“巻き返し”
第2章 鳥羽・伏見の戦いの真実―“勝てば官軍、負ければ賊軍”
第3章 守られなかった「江戸城無血開城」の約束―徳川家の“再びの巻き返し”
第4章 官軍、江戸城返還の危機―“足元”を見透かした勝海舟
第5章 起死回生の彰義隊の戦い―“戦後処理”の開始
終章 創られた「江戸城無血開城」の神話

著者等紹介

安藤優一郎[アンドウユウイチロウ]
1965年、千葉県生まれ。歴史家。文学博士(早稲田大学)。早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業、早稲田大学文学研究科博士後期課程満期退学。江戸をテーマとする執筆・講演活動を展開。JR東日本大人の休日・ジパング倶楽部「趣味の会」、東京理科大学生涯学習センター、NHK文化センターなど生涯学習講座の講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。