子供を伸ばす教育現場―未知なる才能を引き出すヒント

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569705545
  • NDC分類 370.4
  • Cコード C0095

出版社内容情報

春休みをとって、遠足へでかけるランドセル。

学校の遠足の日、お父ちゃんが一緒に行きたいとダダをこねた。すると、ぼくのランドセルまで連れて行ってと言い出したから、さあ大変!

朝からわが家は大騒ぎ。「遠足いっしょにつれてって」とダダをこねているのは、おとうちゃん。すると、「わたしも遠足につれていってくれませんか」と、声がした。まわりを見渡してみると、ぼくのランドセルに手と足がはえて、目と鼻と口もついていた。ランドセルは「春休み」をとって、学校の遠足に一緒に行きたいといいだした。おとうちゃんとランドセルのけんかが始まった。だけど、おかあちゃんの一言でランドセルも一緒に行くことになった。

▼学校からバスに乗って『りゅうせん山』に向かった。ランドセルは頭がよくてみんなの人気者。お昼ごはんになると、どんどん周りに女の子たちが集まってきた。すると、いじめっこもやってきて、ななちゃんのぼうしをとって逃げた。ところが、ぼうしはトビにもっていかれてしまった。そこで、ランドセルは取り返すために、木に登って……。

▼テンポのよい関西弁と、ユーモアいっぱいの絵が楽しい幼年童話。

目次

海陽中等教育学校―全寮制の「よき文化」
師友塾―不登校児の生きる力を引き出す
日本公文教育研究会―子育てを応援する「第二の母親」
ナガセ―全国統一小学生テスト
成基コミュニティグループ―教育コーチング
ヤマハ音楽振興会―音楽教室で「全人格教育」
合気会―自分を律し社会と融和する
品川女子学院―女子校として伝えるべき価値
SEG―豊かな数学で創造力を育てる
ジャクパ―スポーツでの成功が子供を伸ばす
朝日塾小学校―子供の能力をみくびらない教育
河合塾―いかに知の幅を広げるか

著者等紹介

和田秀樹[ワダヒデキ]
1960年、大阪府生まれ。東京大学医学部卒業。東京大学附属病院精神神経科助手、米国カールメニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在は精神科医。国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻)。川崎幸病院精神科医顧問。一橋大学国際・公共政策教育大学院特任教授。緑鐵受験指導ゼミナール代表。初の映画監督作品『受験のシンデレラ』が、2007モナコ国際映画祭において、最優秀作品賞を含め4冠を達成(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。