マザー・テレサの真実―なぜ、「神の愛の宣教者会」をつくったのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 244p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569691497
  • NDC分類 198.22
  • Cコード C0095

出版社内容情報

マザー・テレサの知られざる事実を紹介する本。

マザー・テレサはなぜ「神の愛の宣教者会」を設立したのか? その秘密がいま明かされる。マザー・テレサの素顔と真実の姿を紹介する一冊。

マザー・テレサについて書かれた本は、これまでたくさん発刊されている。

▼しかし、なぜマザー・テレサはロレット女子修道会を去らなければいけなかったのか、なぜ神の愛の宣教者会を作ることになったのか、そして、その原点となった1946年9月10日、ダージリンにゆく列車の中で、マザー・テレサの身の上に何が起こったのかについて語られた本は見当たらない。なぜなら、マザー・テレサ自身、その日に何があったのか、ほとんど人に語ったことがなかったからである。

▼本書は、1985年より、マザー・テレサにボランティア精神を学ぶ旅である

●第一章 マザー・テレサ最期の日 
●第二章 「インド心の旅」 
●第三章 生命(いのち)の隣で 
●第四章 シスター・テレサ 
●第五章 啓示 
●第六章 マザー・テレサの遺書 
●付録1 マザー・テレサの講演
[ノーベル平和賞受賞式典にて] 
●付録2 神の愛の宣教者会(Missonaries of Charity)の祈り
[ミサの後、必ず全員で唱えられる祈り]

内容説明

1946年9月10日、マザー・テレサに何が起こったのか?これまで、語られることがなかった、知られざるエピソードを含め、親交の深かった著者だから書けた、マザー・テレサの真実の姿。

目次

第1章 マザー・テレサ最期の日
第2章 「インド心の旅」
第3章 生命の隣で
第4章 シスター・テレサ
第5章 啓示
第6章 マザー・テレサの遺書
付録1 マザー・テレサの講演「ノーベル平和賞授賞式典にて」
付録2 神の愛の宣教者会(Missionaries of Charity)の祈り「ミサの後、必ず全員で唱えられる祈り」

著者等紹介

五十嵐薫[イガラシカオル]
1953年1月30日、山形県鶴岡市生まれ。電気通信大学物理工学科卒業。人生観を高橋信次氏に学ぶ。恩師他界後、ミネベア株式会社に入社。電子設計を担当し、退社後、波場武嗣氏のもとで生涯学習のセミナーに携わる。一方、十数年間、不登校をはじめ、悩みを持つ青少年たちと共同生活。1985年、マザー・テレサのもとでボランティアの本質を学ぶ「インド心の旅」を始め、現在も年数回実施している。マザー・テレサとの出会いを機に、1999年NPO法人レインボー国際協会を設立し、翌2000年、インドのコルカタに、親のない子どもと満足な医療を受けられない人々のために、レインボー・ホームを建設した。現在、その運営責任者、および同NPO法人理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

オリーブ

0
本当の貧しさとは「物質的な乏しさではなく、誰にも必要とされていないと感じること」なんですね。ボランティアをしてあげているなどと自分に酔うのではなく、彼らは代わりに飢え苦しんでくれて、彼らから与えられる恵みに気づくべきだと言う部分は私のそれまでの価値観を覆すものでした。この本の最後の方で、戦争から生み出されたノーベル賞が生み出した平和の象徴であるノーベル平和賞でマザーテレサが語った言葉が胸に響きました。2013/09/27

まさあき

0
「you did it to me.」どんなめぐり合わせがこの本をこの時期に読ませたのかわからないが、読んでいくうちに今の環境を作り上げた原因と自分に対する嫌悪が身にしみてわかった。してくれたこと、与えてくれたことを忘れていた。自分の力で成り立っているものとばかり思っていて、他者からは何も与えられていないと思っていた自分がいた。そうではない、他者がいて自分は満たされ、そして満たされた結果、心を整えることができ、自己が望む環境を作りあげることが可能なのである。今、いくら「i thirst」と叫んでもそれは聞2012/11/28

BluePlanet

0
2007年5月7日発行。1997年9月5日21時30分、マザー・テレサが87歳の生涯の幕を閉じた。その日の深夜、マザーハウスで遺体と対面した「インド心の旅」を主催する著者による本。筆者は、マザー・テレサと出会って、他界なされるまでの12年間、その後も続くコルカタでの体験を通し、マザー・テレサに教えて頂いた「ボランティアの原点」を知っていただく本。それは、全ての人が争いをやめて互いに愛し合い、助け合い、すぐ身近で「自分は必要とされていない」という人に、「私はあたなを必要としている」ことの重要性を伝える本。2012/05/20

ひで のぶお

0
なぜか惹かれるマザー・テレサの生い立ち。2019/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6278
  • ご注意事項