心の友だち<br> はじめての留学―不安はすべて乗り越えられる!

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

心の友だち
はじめての留学―不安はすべて乗り越えられる!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月25日 22時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 196p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569689814
  • NDC分類 K377
  • Cコード C0337

出版社内容情報

あこがれの留学。でも現実はけっこう厳しい~。

『ルポ貧困大国アメリカ』で新書大賞を受賞した著者の留学体験記。奇妙なホストファミリー、外国人のルームメイト、厳しくも愉快な日々。

いまや留学は、大学時代よりも早く、中学、高校時代に体験するのはもう特別なことではなくなったけれど、それでも留学は、憧れと不安と心配と緊張がいっぱいの体験です。本書は、高校卒業と同時にカリフォルニアに留学し、ニューヨークで仕事中に9.11の同時多発テロに遭遇したことをきっかけにジャーナリストとなり、大活躍する著者が、めちゃくちゃポジティブな自身の留学体験をつづり、不安を吹き飛ばしてくれる本。

▼外国語での勉強についていけるか、ホストファミリーやルームメイトとはうまくやっていけるか、友だちはできるか、治安は大丈夫だろうか、留学することが人生のプラスになるのか、もしお金が足りなくなったら?……など、誰でもが不安に思うことを、片っ端から体当たりで乗りこえた著者のパワーが自分もこんなふうにやってみたい、と思わせてくれる。また、日本人だけでない各国の留学生たちの様子を、あたたかくも鋭く観察している好著。

●まえがき 
●第1章 ホームステイでオーマイガッド! 
●第2章 ニワトリちゃん、いきなり大ピンチ! 
●第3章 愛しのセリカは金食い虫 
●第4章 食料求めて釣りバカ日誌 
●第5章 人気爆発! M&Aホカホカ弁当 
●第6章 ロバ留学は長期観光? 
●第7章 ピンチ! エッセイ盗作事件 
●第8章 愉快なハウスメイトたち 
●終章 グッバイC.A. ハローN.Y. 
●あとがき

内容説明

高校卒業と同時にアメリカに留学、同時多発テロを体験しいまジャーナリストとして活躍する著者が綴った元気いっぱいのカリフォルニア留学体験記。

目次

第1章 ホームステイでオーマイガッド!
第2章 ニワトリちゃん、いきなり大ピンチ!
第3章 愛しのセリカは金食い虫
第4章 食料求めて釣りバカ日誌
第5章 人気爆発!M&Mホカホカ弁当
第6章 ロバ留学は長期観光?
第7章 ピンチ!エッセイ盗作事件
第8章 愉快なハウスメイトたち
終章 グッバイC.A.ハローN.Y.

著者等紹介

堤未果[ツツミミカ]
東京都生まれ。高校卒業後、モントレー・ペニンシュラ・カレッジに学ぶ。その後、ニューヨーク州立大学国際関係論学科学士号取得。ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科修士号取得。国連婦人開発基金、アムネスティ・インターナショナルNY支局員を経て、米国野村證券で勤務中に9.11同時多発テロに遭い、帰国。以後、ジャーナリストとして、執筆・講演・TV・ラジオ等で活躍中。『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』(海鳴社)で、第5回黒田清日本ジャーナリスト会議新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ごへいもち

30
「貧困大国アメリカ」等を読んで興味を持ったので。著者の行動がものすごく危なっかしく感じるのは年を取った証拠?でもパワフルだなぁ。母は詩人(元アナ)、実父はばばこういち(結婚歴3回)、筑紫哲也は父の友達というやっぱりそれなりの環境。夫は川田龍平。2014/03/08

ヨータン

12
著者のようにワイルドでメンタルがタフ、そして自分というものをきちんと持っていないと留学しても日本人どうしでつるんで、マージャンだけ覚えて終わりとなりかねない。と言っても自分が若い頃留学していたら、楽な方に流れていったと思います。留学が成功だったかどうかは、成績がAだったからでもなく、英語がペラペラになったからでもなく、彼女のように厳しい環境でやり抜いたかだと思いました。2016/05/06

Aya Murakami

9
岩波新書の貧困大国が興味深かったので、図書館で借りてきました。 アジア人差別主義者の教授との闘いは熱かった…。自分だったら根負けして泣き寝入りしています…。 2017/10/28

しろのあ

6
留学を考えている中高生向けにどうかなと思い読んでみました。おんぼろセリカの維持費の為にお弁当やさんをはじめたり、アジア人嫌いの講師のクラスで悔し涙を流したり。留学はかっこよくて、楽しいだけじゃない。そうかと思えば、仕送りもたくさんで日本人同士で麻雀して毎日ふらふら遊んでいても、パスペーパーで成績だけはそれなりをキープしてなんて安易な道もあるわけで。国内にとどまっても、留学しても、為になるかどうかはそのひとの心がけしだい。自分の肌で感じた体験と、困難を乗り越えた自信がなによりも財産ですね。2015/03/02

5
堤さんの好奇心や、とことんやり切ることの萌芽がわかった。親が留学を勧めてくれたのに、行かなかった自分に後悔した。2013/08/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/250431

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。