• ポイントキャンペーン

愛と希望のノンフィクション
ぼくのフライドチキンはおいしいよ―あのカーネルおじさんの、びっくり人生

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 167p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784569683522
  • NDC分類 K289
  • Cコード C8023

内容説明

お店の前に立っていて、誰もが知っているカーネルおじさん。あのモデル、カーネル・サンダースこそがアメリカ生まれのあのフライドチキンの味を世界中に広めた。しかし、そのカーネルの驚くような波乱の人生は、意外と知られていない。苦労と失敗続きの青春時代、無一文になり65歳からはじめたフライドチキンの事業、そして味に対してのガンコなまでの姿勢など、とにかくびっくりする人生にせまる!小学上級以上。

目次

白いスーツの老人たち
十二歳の別れ
十六歳の火夫
弁護士への夢
四つの事業家テスト
サービス満点のガソリンスタンド
車にはガソリン、人には食事!
フライド・チキンと圧力釜
六十五歳の挑戦
味の親善大使

出版社内容情報

ケンタッキー・フライドチキンの会社を興したのは、なんと65歳の時。優しい笑顔のカーネルおじさんの、知られていない驚くべき人生!

お店の前に白いスーツ姿で立っていて、皆によく知られているカーネルおじさん。あのモデルは、アメリカ生まれのフライドチキンを世界に広めたカーネル・サンダース。あの姿はおなじみになっているのに、彼の驚くような波乱の生涯は意外と知られていない。

▼幼くして父親を亡くし、働く母の代わりに家事をするカーネル。7歳にしてパンを焼き、美味しいものを作る喜びを知るが、すぐに働き手として家をはなれ、職を転々とする苦労続きの青春を過ごす。なかなかうまくいかないカーネルが、成功の階段を登るきっかけになったのは、「美味しいフライドチキン」だった。

▼65歳からはじめたフライドチキンの事業で大成功するまでの数々の失敗と苦難。カーネルはどうやって乗り越えたのか。とにかく知られざるびっくりするカーネルおじさんの人生を描き出す。

●白いスーツの老人たち 
●十二歳の別れ 
●十六歳の火夫 
●弁護士の夢 
●四つの事業家テスト 
●サービス満点のガソリンスタンド 
●車にはガソリン、人には食事! 
●フライド・チキンと圧力釜 
●六十五歳の挑戦 
●味の親善大使

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件