PHP文庫
ニーチェ 運命を味方にする力―『ツァラトゥストラかく語りき』を読む

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 199p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784569674384
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C0110

内容説明

ニーチェの代表作『ツァラトゥストラかく語りき』は、発刊されて1世紀以上経った今でも読み継がれています。それは「よく生きるとはどういうことか」という、誰もが考えるテーマを扱っているから。本書は、大学教授である著者がニーチェの世界に入り込み、その感動や教訓を平易な言葉で実況中継する一冊。

目次

ニーチェの『ツァラトゥストラかく語りき』
気前のいい太陽―他人の幸福を心から祝うことができる
人間 動物から超人へとわたる橋―自己保存ではなく、自己克服を勧める
おしまいの人間―小賢しい人々が、用心深く、長生きする時代
新しい教師―「自分自身に従う」ことを教える
駱駝から獅子へ、さらに幼な子へ―真面目に服従し、激しく反抗し、ついには無心に遊びはじめる
精神は身体のはたらき―身体の声に耳を傾けよう
理想家と不平屋―挫折したときこそ、人間が試される
戦士の羞じらい―ライバルは互いに愛情を隠す
友情とは何か―専制君主では友をもてない、奴隷では友になれない〔ほか〕

著者等紹介

宮原浩二郎[ミヤハラコウジロウ]
1956年生まれ。関西学院大学教授。最近では、個人の生き方だけでなく、人と人の交わりからなる社会の生き方を「社会美学」の観点から研究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

生きる力が湧いてくるニーチェの哲学を解説。

ニーチェの名作『ツァラトゥストラ』を、哲学初心者にわかりやすく解説。物事の本質を見極め、現実に立ち向かう勇気が湧いてくる一冊。

ニーチェの代表作『ツァラトゥストラかく語りき』は、発刊されて1世紀以上経った今でも読み継がれています。

▼それは「よく生きるとはどういうことか」という、誰もが考えるテーマを扱っているから。

▼本書は、大学教授である著者がニーチェの世界に入り込み、その感動や教訓を平易な言葉で実況中継する一冊。

▼読んだ瞬間からあなたの人生観が大きく変わります!

▼『ニーチェ・賢い大人になる哲学』を改題。

●はじめに ――文庫化にあたって 

[ 1]ニーチェの『ツァラトゥストラかく語りき』 

[ 2]気前のいい太陽 

[ 3]人間――動物から超人へとわたる橋 

[ 4]おしまいの人間 

[ 5]新しい教師 

[ 6]駱駝から獅子へ、さらに幼な子へ  

[ 7]精神は身体のはたらき 

[ 8]理想家と不平屋 

[ 9]戦士の羞じらい 

[10]友情とは何か 

[11]隣人愛から遠人愛へ 

[12]自分自身を浪費する 

[13]師と弟子 

[14]同情をこえた高み 

[15]平等の説教者にもの申す 

[16]力への意志 

[17]ものやわらかな力の美しさ 

[18]究極の救いへ 

[19]重力という魔物 

[20]永遠回帰の考え方 

[21]時間の環 

[22]超人誕生のイメージ 

[23]偶然の足で踊る 

[24]偶然のちゃんこ鍋 
[25]ツァラトゥストラの猿 

[26]脱落者を追うな 

[27]神は一人ではない 

[28]仮面をつける知恵 

[29]健康な我欲 

[30]それぞれの「道」 

[31]新しい貴族 

[32]消化のよい精神 

[33]広大無辺の魂 

[34]倒れるものを、さらに突け 

[35]よく見てから斬る 

[36]悦ばしき知識(ゲイ・サイエンス) 

[37]永遠回帰を悟る 

[38]よろこびの永遠回帰 

[39]ツァラトゥストラの歌