PHP新書<br> 女性の品格―装いから生き方まで

個数:
電子版価格 ¥679
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

PHP新書
女性の品格―装いから生き方まで

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2021年10月28日 10時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 225p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569657059
  • NDC分類 159.6
  • Cコード C0212

出版社内容情報

「礼を尽くす」「得意料理をもつ」「愛されるより愛する」――日常の立居振舞いに、女性の生き方と品位はおのずと表われる。

いまや女性の社会進出、活躍が当たり前となった現代の日本。学校や職場でも、優秀で元気なのは女性ばかりである。女性の価値観、果たすべき役割が大きく変化しているのだ。では、古い型の「女らしさ」はもはや求められないのだろうか? いや、女性上位の時代だからこそ、従来の男性とは異なる価値観、よき女性らしさを、職場や家庭に持ち込んでほしい、と著者は語っている。

▼「礼状が書ける」「約束をきちんと守る」「型どおりの挨拶ができる」「姿勢を正しく保つ」「贅肉をつけない」「人に擦り寄らない」「よいことは隠れてする」「得意料理をもつ」「恋をすぐに打ち明けない」――本書は、ビジネスから装い、話し方、恋愛にいたるまで、女性としての振舞い方を具体的にアドバイス。何げない日常の立居振舞いに、女性の生き方と品位はおのずと表われるものである。

内容説明

いまや女性の社会進出、活躍が当たり前となった日本社会。学校や職場でも優秀で元気なのは女性ばかり。もはや古い型の「女らしさ」は求められない?いや、女性上位の時代だからこそ、従来の男性とは異なる価値観、よき女性らしさを、職場や家庭に持ち込んでほしい。本書はビジネスから装い、話し方、恋愛にいたるまで、女性としての振舞い方を具体的にアドバイス。「礼状が書ける」「約束を守る」「型どおりの挨拶ができる」といったふだんの言動に、女性の生き方と品位はおのずと表われるのである。

目次

第1章 マナーと品格
第2章 品格のある言葉と話し方
第3章 品格ある装い
第4章 品格のある暮らし
第5章 品格ある人間関係
第6章 品格のある行動
第7章 品格のある生き方

著者等紹介

坂東眞理子[バンドウマリコ]
1946年富山県生まれ。東京大学卒業。69年総理府入省。内閣広報室参事官、男女共同参画室長、埼玉県副知事等を経て、98年女性初の総領事(オーストラリア・ブリスベン)。2001年内閣府初代男女共同参画局長。04年昭和女子大学教授を経て、昭和女子大学副学長、同大学女性文化研究所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

116
非常に常識的な礼儀や、マナーについて書かれていた。別に女性だけに限った話ではなかったのでなるほどと一々納得しながら読めた。しかし所々著者でなければできないこともあったので、できることを実践していこうと思った。2011/02/16

takaC

93
男性の自分が読んでも為になる事がスッキリ簡潔に記されていた。しかしちょっと簡潔すぎるような気もした。もう少し踏み込んでいただいても良いかも。2014/06/28

藤井寛子

91
ずっと前に話題になってた本を古本屋で見かけたから購入。ファッションから生き方、行事のことまで参考になることがたくさんあった。服に関しては私の基礎カラーを決めればよいのか2016/02/27

あん

82
「品格」とは何か、より人間らしい品格を身に付けるためにはどうすべきか、品格のある国家や世界を築くために我々は何をすべきか。 「品格」という言葉を題材にして、ことわざや故事、格言などを織り交ぜてわかりやすく書かれていています。 タイトルに「女性の」とあるので、男性の方からは敬遠されるかもしれませんが、性別にかかわらずんでいただきたい本です。2016/02/28

あつひめ

67
女性としてのたしなみ・・・なんでしょうね。きっと。教えられて覚えるものではなく、昔なら知らず知らずのうちに身に付けること。それがいつの間にかどこかで途絶えてしまってこうして文字で目にする羽目になった。全てがいいとは思わないけど、人として知っていて損はない・・・そんな気がしました。今、娘が成人して社会に飛び立とうとしている今、伝えてあげたいこととして改めて感じることがたくさんありました。今の自分だけにとどまらず、子や孫にちゃんと受け継ぐ大事な人づきあいとかたしなみをまずは自分が実践しなくてはと感じた。2012/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/544588

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。