• ポイントキャンペーン

不安のしずめ方―人生に疲れきる前に読む心理学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569637693
  • NDC分類 141.6

内容説明

人生の最大の敵は、「不安」である。それを何とかしのいで、少しでも楽に生きてゆくための、「心の習慣」をやさしく教える。

目次

第1章 なぜ不安なのか
第2章 人が怖いから迎合してしまう
第3章 真面目の落とし穴
第4章 不安のしずめ方
第5章 不安の構造
第6章 自分の人生の責任は自分にある
第7章 老いは成熟である
第8章 幸せへの処方箋

著者紹介

加藤諦三[カトウタイゾウ]
1938年、東京に生まれる。東京大学教養学部教養学科を経て、同大学院社会学研究科修士課程を修了。1973年以来、度々、ハーヴァード大学準研究員をつとめる。現在、早稲田大学教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所準研究員、日本精神衛生学会理事、産業カウンセリング学会理事

出版社内容情報

日常生活を脅かす不安への対処法を説く。

誰もが不安に悩んでいる現代。この不安に対処するすべを身に付けなければ強く生きられない。ならば、どうすべきかをやさしく伝授する。

「不安」は、心の最大の敵である。はっきり言って、「不安」を感じることなく生きてゆける人はいない。誰もが、日常的に、何らかの「不安」を抱えながら生きていかざるを得ないというのが、人間の人生の現実なのである。だが、「不安」は、消してしまうことはできないが、それに押しつぶされないように“しずめる”ことはできる。本書では、そのための心の持ち方をわかりやすく説いている。「不安」という、人生の妨害者の攻撃をなんとかしのぎ、少しでも楽に生きるための「心の習慣」がよくわかる一冊である。

●第1章 なぜ不安なのか 
●第2章 人が怖いから迎合してしまう 
●第3章 真面目の落とし穴 
●第4章 不安のしずめ方 
●第5章 不安の構造 
●第6章 自分の人生の責任は自分にある 
●第7章 老いは成熟である 
●第8章 幸せへの処方箋