• ポイントキャンペーン

目からウロコのコーチング―なぜ、あの人には部下がついてくるのか?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 230p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784569637648
  • NDC分類 336.4

内容説明

コーチングって、こういうことだったのか!今まで誰も教えてくれなかった本当に使えるコーチングの「おさえどころ」を多くの管理職を甦らせてきたプロコーチが伝授する。

目次

コーチングとは何か―注目される背景
部下を伸ばすコーチング
聴くことと受け入れること
承認―褒めることと叱ること
Iメッセージの力
聴くことと信じる能力
コミュニケーションから生まれるエネルギー
ペーシングはコミュニケーションの入口
コーチングを妨げているもの
達成目標のビジュアライズ〔ほか〕

著者紹介

播摩早苗[ハリマサナエ]
(株)フレックスコミュニケーション代表。1958年札幌生まれ。HBC北海道放送にアナウンサーとして勤務後独立。コミュニケーション心理学、自己表現、コーチングを学び、2001年フレックスコミュニケーション設立。現在、企業を対象とした人づくりのコンサルティング業務を軸とし、研修を設計・デザインしている。また自らも講師として、管理職研修、営業職研修、プレゼンテーション研修のほか、士業、教員、医家などを対象としたオープンセミナー、女性のためのコミュニケーションセミナー、子育てに関するワークショップ、などを中心に活動している。企業の経営者・管理職を対象に行なうエグゼクティブコーチングは、個人の業績向上とともに企業風土の変革にも寄与し、好評を得ている。さらに、ラジオ番組出演、経営者・管理職対象の講演などを通し、コーチングの普及活動も活発に行なっている

出版社内容情報

本当に「心に届く」コーチングを紹介。

技術だけでなく、本当に「心に届く」コーチングでなければ部下は変わらない! 多くの実例に裏打ちされたコーチング入門書決定版。

コーチングの理論は多くの本で語られている。しかし、実際に現場で使ってみると「あれ?」という感じで、なかなか役立てることができない……これが、多くの企業の管理職たちのコーチング研修を行なった著者の実感である。

▼本書は、そんな「実際に使うための」コーチングを解説する本だ。著者の豊富な講師経験を元にさまざまな事例を挙げ、コーチングの基礎をわかりやすく、楽しく説く。「銀座NO1ホステスさんに見るコーチング」など、ユニークな視点がいっぱいで、他の本でつまずいた人でも、「こういうことだったのか!」と目からウロコが落ちる、まさにそんな本なのである。

▼さらに本書のコーチングは、上司と部下の間だけに留まらない。夫婦関係、交友関係など、あらゆるコミュニケーションに活用できるのも特徴である。

▼今までなかったコーチング入門書。

[1]コーチングとは何か<注目される背景> 
[2]部下を伸ばすコーチング 
[3]聴くことと受け入れること 
[4]承認<褒めることと叱ること> 
[5]Iメッセージの力 
[6]聴くことと信じる能力 
[7]コミュニケーションから生まれるエネルギー 
[8]ペーシングはコミュニケーションの入り口 
[9]コーチングを妨げているもの 
[10]達成目標のビジュアライズ 
[11]質問をクリエイトする 
[12]コーチングにおけるアドバイス 
[13]エネルギーロスを自覚する 
[14]コーチングのストラクチャー 
[15]相手を人生の主人公にする