• ポイントキャンペーン

図解 微分・積分がみるみるわかる本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 95p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784569637433
  • NDC分類 413.3

内容説明

難解な数式を使わず、身近な話題で簡単理解!数学嫌いがなおる超・入門書。

目次

第1章 微分・積分の世界をたずねる
第2章 微分マスターへの道―瞬間のイメージをつかむ
第3章 変化に注目する微分計算
第4章 積分マスターへの道―古代から基本は分けて積む
第5章 積分計算は逆微分をすればよい
第6章 微分・積分は身近なところでも活躍中!!

著者紹介

今野紀雄[コンノノリオ]
1957年、東京生まれ。東京大学理学部数学科卒業。東京工業大学大学院理工学研究科博士課程単位取得。室蘭工業大学数理科学共通講座助教授、コーネル大学数理科学研究所客員研究員を経て、横浜国立大学大学院工学研究院助教授。博士(理学)

出版社内容情報

身近なところの微分・積分が簡単にわかる!

速度メーターから化石の年代測定まで、微分・積分はわれわれに密接に関係している。ピザから積分を考えたり、あくまでやさしく紹介する。

「微分・積分」と聞くと拒否反応を示す人は多いはず。特に文系の人は計算に悩まされた経験があるだろう。

▼でも、われわれの周りには、微積に関係する話が溢れている。細かく分けて、変化を読み解く場合は、微分の考え方が必要だし、細かく分けたものを積み重ねて、総合的に考える場合は積分が利用できる。

▼たとえば、速度メーターのしくみは微分で説明できるし、積分を使って難しい形の面積を求めることも可能だ。また、遺跡の年代がわかるのも、台風の進路が予測できるのも、微積のおかげといっても過言ではない。

▼本書は、数学の試験のための問題集ではない。難解な数式を極力使わず、数学のセンスを磨くために微積の何たるかを解説したもの。

▼これから微積の勉強を始めようとする学生だけでなく、過去に苦しめられた苦い経験のある数学嫌いな人にも、ぜひおすすめしたい一冊である。微積について薀蓄のひとつも語れるはずだ。

●第1章 微分・積分の世界をたずねる 
●第2章 微分マスターへの道 
●第3章 変化に注目する微分計算 
●第4章 積分マスターへの道 
●第5章 積分計算は逆微分をすればよい 
●第6章 微分・積分は身近なところでも活躍中!!