• ポイントキャンペーン

天国の門〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 583p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569637082
  • NDC分類 913.6

内容説明

ヒトラーとエゴン・シーレ、地獄への扉を開いた運命の出会い。激震する戦時下の欧州を舞台に、時代に翻弄されてゆく人間のドラマを壮大なスケールで描いた感動巨編。

著者紹介

秋月達郎[アキズキタツロウ]
1959年5月、愛知県半田市に生まれる。早稲田大学を卒業後、東映に入社。本編映画のプロデューサーを経、作家に転進。現在、仕事のかたわら、町家と運河の研究に勤しみ、地域における町づくり支援をつづけている

出版社内容情報

人類の至宝をめぐって繰り広げられる争奪戦。

ゴッホ、クリムト、シーレ……神に選ばれし天才たちが遺した名画を巡り、ヒトラー、ゲーリングと帝国軍人・日置の戦いが始まった。

「日本の未来を担う若者たちのために西洋文化を持ち帰る」。昭和の造船王・松方幸次郎の描いた大いなる夢に人生を捧げた帝国軍人、日置。

▼愛する妻を失い、狂気のおもむくまま美術品の強奪に邁進するドイツ空軍元帥、ヘルマン・ゲーリング。

▼同盟国ドイツより最重要軍事機密を入手すべく奔走する情報将校、間比部澄夫。

▼そして、世界一壮大な美術館の建設を目論む「高貴なる狼」アドルフ・ヒトラー。

▼二十世紀初頭、激震する戦時下の欧州を舞台に、ゴッホ、クリムト、シーレら神に選ばれた芸術家が遺した名画をめぐって繰り広げられる、手に汗握る美術品争奪戦。

▼美に憑かれた者たちを待ち受けるのは、神か悪魔か? そして「人類の至宝」を最後に手に入れる者は誰なのか?

▼芸術と戦争という相容れないはずの二つのものが、皮肉なほどに絡まり合い、人々を翻弄していく。

▼美を求める人間の欲望と戦争の愚かさを壮大なスケールで描ききった感動巨編。

●プロローグ 椋の木の下で 
●フォッカーの鞭 
●睡蓮 
●ジベルニーの庭 
●オテル・ビロン 
●逃避行 
●コンドルは舞いおりた 
●蜂巣館  
●アルザスから来た女 
●夜伽のジョセフィーヌ 
●神秘の子羊 ほか