• ポイントキャンペーン

昭和史の授業

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569636405
  • NDC分類 210.7

内容説明

日米開戦は、なぜ必然であったのか?敗戦後の経済国家としての復興は、なぜ達成されたのか?それを考えるに欠かせない、「社会主義」という問題と重ね合わせながら、本当に納得がゆく議論に読者をいざなう、著者渾身の書き下ろし。

目次

第1章 第一次世界大戦の「戦後」から、昭和は始まる
第2章 昭和の始まりに日本人はどんなことを考えていたか
第3章 昭和天皇をめぐる時代背景
第4章 軍縮と恐慌を経て、満州へ
第5章 行きづまり打開のための新体制づくりから、対米戦争へ
第6章 間奏曲
第7章 第二次大戦・敗戦による「戦後」問題の推移
第8章 経済成長路線とその「結果」
第9章 日本の「繁栄」と共産ロシアの「崩壊」
第10章 昭和天皇の崩御

著者紹介

鷲田小弥太[ワシダコヤタ]
1942年札幌市生まれ。大阪大学文学部哲学科卒業。同大学院博士課程修了。三重短期大学教授を経て、現在、札幌大学教授。専攻は、哲学、倫理学

出版社内容情報

昭和史をわかりやすい授業形式で解説。

昭和史という空間を理解するためには、流行の軍事的側面よりも、思想の流れを見ることがより重要である。入魂の書き下ろし。

「昭和」という言葉から、「戦争」という連想にいたる人は数多い。それほどに、日本人には、あの敗戦が骨身にしみている。それゆえか、「昭和史」と銘打って、お決まりのように戦争期の流れを綴り、連綿と軍部を批判し、「この愚をくりかえしてはならない!」などと絶叫して終わってしまう本が読者の共感を得やすいらしい。しかし、それでいいのか? そんなセンチメンタルな回顧ばかりして、冷静な時代分析をおざなりにする態度でよいわけがない! 本書は、その疑問にあえて答えるべく執筆された。曰く、 「昭和史とは日本の社会主義との闘争史である」という、新鮮な視点のもとに成り立つ、非常に知的な議論である。今こそ、「戦争と平和」という単純思考を超えて「昭和史」を考える時代が始まったのである。日本人の新たな知的成熟への出発点となる一冊である。

●第1章 第一次世界大戦の「戦後」から、昭和は始まる 
●第2章 昭和の始まりに日本人はどんなことを考えていたか 
●第3章 昭和天皇をめぐる時代背景 
●第4章 軍縮と恐慌を経て、満州へ 
●第5章 行きづまり打開のための新体制づくりから、対米戦争へ 
●第6章 間奏曲 
●第7章 第二次大戦・敗戦による「戦後」問題の推移 
●第8章 経済成長路線とその「結果」 
●第9章 日本の「繁栄」と共産ロシアの「崩壊」 
●第10章 昭和天皇の崩御