季節を楽しむ実用おりがみ―飾ってきれい、使えてうれしい12ヵ月

電子版価格 ¥1,199
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

季節を楽しむ実用おりがみ―飾ってきれい、使えてうれしい12ヵ月

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 95p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784569635507
  • NDC分類 754.9

内容説明

折り紙を暮らしに取り入れてみませんか。この本では、四季を彩る飾りものと、四季折々の行事やイベントで使える折り紙雑貨を、たくさん紹介しています。

目次

1月(寿亀;飛翔鶴 ほか)
2月(ペア・ハート;バレンタイン・チョコ・ボックス ほか)
3月(かんたん・ひな人形;ひな人形 ほか)
4月(祝い包み;カード・ポケットつきラッピング)
5月(かぶと;かざぐるま ほか)
6月(ギフト・ボックス;ネクタイ)
7月(星;きんぎょ ほか)
8月(バッグ;ケーキ・ボックス ほか)
9月(つなげるフォト・フレーム;カード・ケース ほか)
10月(うさぎ;ようじ入れつき和菓子皿 ほか)
11月(ブック・マーカー;ひし形の封筒 ほか)
12月(サンタクロース;クリスマス・ツリー(鉢つき) ほか)

著者紹介

小林一夫[コバヤシカズオ]
1941年東京都生まれ。和紙の老舗「ゆしまの小林」の後継者として染色技術や折り紙など、和紙に関わる伝統技術・文化の普及に尽力。世界各地で折り紙の展示・講演活動を行っている。1985年韓国政府より大韓民国社会教育文化賞受賞。2000年にはヨーロッパ各国・シンガポールにて和紙工芸作品巡回展を開催。2001年にはフォルクスワーゲン、ブリガリア大使館より講演を依頼される。おりがみ会館館長、株式会社「ゆしまの小林」4代目社長、全日本紙人形協会会長、税務大学講師、朝日カルチャー講師、日本菓子学校講師などを務める

出版社内容情報

季節・行事を彩る実用折り紙の作り方を紹介!

行事・季節の演出、ご挨拶・祝い事など、各月のイベントに役立つ飾り物や生活小物を紹介。写真とイラストで作り方をわかりやすく解説。

こま・ポチ袋・節分鬼・バレンタインのチョコボックス・ひな人形・鯉のぼり・ひまわり・ハロウィンのかぼちゃ、クリスマスツリーなど、1月から12月までの月ごとに、それぞれの月の行事やイベント・季節感に合わせた、飾って使える折り紙雑貨を美しい写真で紹介し、その作り方をわかりやすく解説します。

▼著者は、「おりがみ会館」の館長であり、和紙の老舗「ゆしまの小林」の代表。著者は言います。「1枚の紙が、ひと折りごとに、さまざまな姿形に変化していく折り紙の楽しさ。あなたの感性と工夫しだいで、仕上がりの印象も思いのままです。紙の種類、質感、厚い薄い、大きい小さい、色……これらをお好みで組み合わせれば、同じ折り方でもさまざまに美しく、用途も大変身します」

▼器用、不器用は関係ありません。大人はもとより、子どもからお年寄りまで誰にでも必ず折れるようになります。まず自分の好きな作品を選んで、楽しみながら折ってください。

●寿亀 
●ペア・ハート 
●かんたん・ひな人形 
●祝い包み 
●かぶと 
●ギフト・ボックス 
●星 
●バッグ 
●つなげるフォト・フレーム 
●うさぎ 
●ブック・マーカー 
●サンタクロース ほか