• ポイントキャンペーン

休むために働くドイツ人、働くために休む日本人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569633671
  • NDC分類 366.023

内容説明

ヨーロッパ1の経済大国は仕事は午後4時に終了、有給は年間1カ月以上。どうしてこんなに違うのか?日本の未来の姿も見えてくる!?「ドイツ流」の仕事術・生活術。

目次

第1章 滅びゆくマイスターと土日も休めない管理職―「競争のない社会」から競争社会へ“激変するドイツ労働市場”
第2章 「怠け者」になってしまったドイツ人―仕事を持つ人より失業者のほうが裕福?“不思議なドイツ社会保障事情”
第3章 安売りスーパーとヨーロッパ一の大金持ち―厳しい庶民の台所事情と謎に包まれた大富豪たち“広がる貧富の差”
第4章 「メイド・イン・ジャーマニー」は滅びたのか―「職人の国」ドイツ製造業の衰退と「心の病」に悩む社員たち
第5章 欧州対アングロ・サクソン―ドイツにも押し寄せる「アメリカ型」の波
第6章 楽しい仕事と楽しい老後―社会保障に頼ってなにが悪い!“ドイツの社会保障と年金問題”
終章 保護されすぎたドイツ、保護が足りない日本?―ドイツの現状から、なにを読み取るか

著者紹介

福田直子[フクダナオコ]
ジャーナリスト。東京都生まれ。小学校の頃を米国首都ワシントンDCで過ごす。上智大学文学部卒。エアランゲン・ニュルンベルク大学などで政治学・社会学を学ぶ。出版社にてニュース雑誌の編集に携わったのち、フリーに。現在、ドイツ・ミュンヘン在住