• ポイントキャンペーン

心の休ませ方―「つらい時」をやり過ごす心理学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569631707
  • NDC分類 159

内容説明

真面目に頑張っているのに、なぜか報われない。そんなあなたに贈るメンタルヘルス読本。

目次

第1章 なぜ生きることに疲れてしまうのか
第2章 愛情飢餓感がマイナス発想の原点
第3章 生きることに疲れた時は、生き方を変える時
第4章 うつ病者の感情表現
第5章 春がくるまで休もう
第6章 「生きるための決断」をせよ
第7章 うつ病の心理
第8章 生きるエネルギーをためる法
エピローグ―傷つく必要のない言葉で傷つくな

著者紹介

加藤諦三[カトウタイゾウ]
1938年、東京に生まれる。東京大学教養学部教養学科を経て、同大学院社会学研究科修士課程を卒業。1973年以来、度々、ハーヴァード大学準研究員をつとめる。現在、早稲田大学教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所準研究員、日本精神衛生学会理事、産業カウンセリング学会理事

出版社内容情報

うつ病にならないための心の休ませ方。

うつ病にならないためには、ストレスにさらされ続ける心を休ませることが必要である。本書では、その賢い方法を心理学の視点から説く。

真面目に頑張っているのに、なぜか報われない。そんな中で、人生にくたびれて座り込んでしまう人も多い。本書では、人生に疲れた原因を周囲や世の中のせいにせず、自分に与えられた試練として、現実を受け止めることによって、対策を考えるべく立ち上がる勇気を持ち、少しでも前向きに生きる選択をすべきことを説く。人生論で多くの読者を励ましてきた著者による、メンタルへルス読本。

●第1章 なぜ生きることに疲れてしまうのか 
●第2章 愛情飢餓感がマイナス発想の原点 
●第3章 生きることに疲れた時は、生き方を変える時 
●第4章 うつ病者の感情表現 
●第5章 春がくるまで休もう 
●第6章 「生きるための決断」をせよ 
●第7章 うつ病の心理 
●第8章 生きるエネルギーをためる法