PHP文庫<br> 魔界都市・京都の謎―封印された闇の歴史を暴く

PHP文庫
魔界都市・京都の謎―封印された闇の歴史を暴く

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 204,/高さ 15cm
  • 商品コード 9784569574332
  • NDC分類 210.04
  • Cコード C0121

出版社内容情報

一千00年の都・京都は実は、魔界都市だった。  千年の都・京都は実は、魔界都市だった!? 時の天皇が寺社に仕組んだ謎の巨石、祇園祭・大文字送り火などに隠された恐怖とは?  千年の歴史に彩られた京都は、実は魔界都市だった!? 「魔界」など空想の世界だと思っていた著者であったが、小説の取材で京都の裏側を調べているうちに、一見平和でのどかな京都の町は、実は「魔界」の存在抜きには語れないことに気づいた。▼本書は、著者がそうした自身の足と目で突きとめ、京都に隠された闇の歴史とその謎を暴いた「魔界案内書」である。▼桓武天皇が平安京を取り囲むように仕組んだ、四つの巨石に秘められた謎とは? 比叡山の僧侶たちが今なお恐れる四大魔所とは? 陰陽師・安倍晴明や天才詩人・小野篁の正体とは? 夏の風物詩・祗園祭や大文字の送り火に隠された恐怖とは?▼次々と明かされる戦慄と恐怖に満ちた京都の素顔に、読者はショックの連続となるだろう。▼他の観光案内書には決して載らない「魔界」地点の写真と地図を付記した本書を片手に京都を訪れてみれば、きっと従来とは一味も二味も違った京都探訪の旅が体験できるだろう。  ●京都を“首都”に選んだ桓武天皇の恐るべき狙いとは ●高僧、最澄が鬼を送り軍神、田村麻呂に“魔界”への秘密指令が…… ●謎の漢学者小野篁の背筋を凍らせる記述 ●この京都の地獄絵図を見たいか、触れたいか ●清盛、信長、秀吉の魔の運命が明らかになった

内容説明

千年の都・京都は実は魔界都市だった!?桓武天皇が平安京を取り囲むように仕組んだ、四つの巨石に秘められた謎とは?比叡山の僧侶たちが今なお恐れる四大魔所とは?陰陽師・安倍晴明や天才詩人・小野篁の正体とは?夏の風物詩・祇園祭や大文字送り火に隠された恐怖とは?著者が自らの足で取材し、突きとめた京都の知られざる闇の歴史が今、ここに暴かれる。

目次

1 京都を“首都”に選んだ桓武天皇の恐るべき狙いとは―「千年王国」計画へ、陰の呪術システムの全貌
2 高僧、最澄が鬼を送り軍神、田村麻呂に“魔界”への秘密指令が…―戦慄の四大魔所と謎の大図形〈北斗七星〉
3 謎の漢学者小野篁の背筋を凍らせる記述―魔界と現界を行き来する異能の魔人の見たものは…
4 この京都の地獄絵図を見たいか、触れたいか―いま、ゆかしき、やすらかな“都”に恐怖の事実が蘇る
5 清盛、信長、秀吉の魔の運命が明らかになった―この闇の歴史を知ってしまった衝撃

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ユウキ

2
怨霊や祟りを恐れ続けた京都の実力者たちが残した、今も消えない痕跡を小説家らしい筆致で綴った歴史ルポ。正直、魔界都市というとすぐ菊地秀行を思い出してしまうのだが、この本にも平然と「あちら側」などという単語が出てくる。笑った。内容はミステリー仕立てにして歴史の謎を解いていく感じではなく解説が主体になっているのがやや残念。著者は小説家なので個人的な感想や空想で話を面白くさせている感はあるが、過剰ではないのでこのくらいの加減でいいのかも。2018/02/12

ヴェルナーの日記

1
オカルト、ホラー好きな自分ですが、歴史も好きでして、本書のような内容にも興味を持っております。 得てして歴史は、勝者の歴史で、敗れていった者たちや、禁忌とされた物は、表の歴史に出てこないものです。 そういった裏の歴史。本書では京都を舞台にして紹介されています。 京都といえば、修学旅行など観光のメッカですが、そういったありふれた普通の場所(神社・仏閣など)ではなく、裏の観光名所を紹介している観光ガイドといった感じの本です。2012/10/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/204593
  • ご注意事項