イコノロジー研究―ルネサンス美術における人文主義の諸テーマ

イコノロジー研究―ルネサンス美術における人文主義の諸テーマ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 374p/高さ 21X16cm
  • 商品コード 9784568201239
  • NDC分類 702.05
  • Cコード C3071

内容説明

イコノロジー研究とは、ひとことでいえば美術作品の意味の探求だといえよう。つまり美術作品を、ある時代の人間精神の一般的本質的な傾向がそこに表われているある種の徴候として、とらえようとする研究態度である。こうした新しい視点をもって美術史を一つの解釈の学として基礎づけようとしたのが本書である。

目次

ピエロ・ディ・コジモの二つの絵画群における人間の初期の歴史
時の翁
盲目のクピド
フィレンツェと北イタリアにおける新プラトン主義運動(バンディネリとティツィアーノ)
新プラトン主義運動とミケランジェロ
追録 カサ・ブオナッロティの粘土原型