児童図書館・絵本の部屋<br> バンドゥーラ―“ジャングルの誇り”とよばれたゾウ

個数:

児童図書館・絵本の部屋
バンドゥーラ―“ジャングルの誇り”とよばれたゾウ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月18日 08時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4変判/ページ数 83p/高さ 32cm
  • 商品コード 9784566080812
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

出版社内容情報

ミャンマーでは昔から、ゾウと人とが協力して林業を営んできました。貿易会社の社員としてミャンマーに赴いたイギリス人のウィリアムズは、そこでゾウ使いやゾウと一緒に仕事をすることになり、やがて、とびきり頭がよくて勇敢なゾウ、バンドゥーラに出会います。ウィリアムズとバンドゥーラは、かたい信頼の絆で結ばれ、その後、戦火をのがれてジャングルを超える困難な旅を共に成し遂げることになります。作者のグリルは、最年少(25歳)でケイト・グリーナウェイ賞を受賞した画家。実際にミャンマーに取材して執筆にのぞんだ、力のこもった絵本です。今も不安な政情が続くミャンマーの人たちや動物たちへの思いがこもった作品です。

内容説明

ミャンマーでは、むかしから、人とゾウが協力して作業をおこなう林業がいとなまれていました。イギリスで生まれたジェームズ・ハワードウィリアムズは、貿易会社の社員としてミャンマーにおもむき、そこではじめて、ゾウ使いやゾウたちといっしょに仕事をすることになりました。ウィリアムズはやがて、とびきり頭がよく、勇気のある、バンドゥーラというゾウと知り合い、かたい信頼のきずなで結ばれます。のちに「エレファント・ビル」とよばれるようになったウィリアムズとゾウのバンドゥーラがなしとげたおおいなる旅をえがく絵本です。

目次

出会い
ゾウのキャンプ
ゾウに夢中
ゾウのミニ百科
アジアゾウの暮らしと歴史
骨の折れる仕事
ゾウ使い
ジャングルから港へ
野生ゾウの訓練
ジャングルの誇りバンドゥーラ
ゾウの学校
ゾウの病院
バンドゥーラに命を救われる
新たな危険
戦争再び
大脱出
はるかな旅
未開の地へ
緑の大海原
道なき道を
絶望の階段
ひと足ひと足
のぼりきる
もうひといき
ようやく到着
自由を夢見て
果てしない労働
別れ
英雄たおれる
バンドゥーラが遺したもの

著者等紹介

グリル,ウィリアム[グリル,ウィリアム] [Grill,William]
イギリスの絵本作家、イラストレーター。大学在学中から絵本を絵本を描くようになる。デビュー作『シャクルトンの大漂流』(岩波書店)で、2015年のケイト・グリーナウェイ賞を史上最年少の25歳で受賞

佐藤見果夢[サトウミカム]
公立図書館勤務を経て、児童文学・絵本の翻訳にたずさわる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遠い日

6
実話に基づくお話。ミャンマーにおけるゾウの働きの重要性と、歴史的なゾウの扱われ方にもページを割き、それを理解した上での、バンドゥーラと呼ばれたジャングル一勇敢なゾウの計り知れない賢さと勇気が胸奥に届きます。イギリス生まれのウィリアムズが仕事でミャンマーのゾウ使いを知り、その有用な仕事ぶりに打たれ、改革していったこと。よく教育されたゾウたちは戦争にも駆り出され、労働力として使役される。信頼関係がなければできないことだった。バンドゥーラとウィリアムズの固い絆に、なんとも言えない清々しいものを見ました。2022/12/12

ぺんぎん

4
19世紀初頭から戦後くらいまでの象と林業の話。象の調教、木材の伐採から運搬まで細かく説明されており、興味深い。現地勤めしていた英国人の著書を基にした絵本だが、作者自身がミャンマー取材をしており、内容も絵も信頼できるように思える。チンドウィン川からインパール経由でアッサムまで、象や民間人を連れての逃避行が後半から語られるが、日本軍将兵が非戦闘損耗を大量に出したように、現地人や象でも辛い道中だったようだ。反戦!環境保護!を前面に押し出す、よりも淡々とビルマの情景を映しながらの語りにほっこりもした作品でした。2023/01/08

のん@絵本童話専門

3
バンドゥーラという奇跡のようなゾウを取り上げた、ノンフィクションの科学絵本。『カランポーのオオカミ王』の作者、いまどきなおしゃれな構成で描かれている。ミャンマーの歴史、ゾウの生態とアフリカゾウとの違い、ゾウの使役とゾウ使い、バンドゥーラの成し遂げた奇跡の数々、そして話は第二次世界大戦中のゾウ部隊の逃避行、密猟・環境問題へ。バンドゥーラに心を寄せたあと、一気に悲しみへ。平和とゾウの保護問題について考えさせる一冊ともなっている。2024/04/16

たくさん

0
ゾウを使うのは農耕の牛馬を使うようにミャンマーでは当たり前だったのだろうし、やさしく心を通わせると通じるというのも象は物事をよく覚えているというのも納得。じいちゃんもチンドウイン川を渡ってインパールへ行ったけどそこしかやっぱり陸路でインドへ抜けられないのだろうな。従順で賢い象が密漁で殺されてしまうというのも、手塩にかけて育てた娘を、その過程や背景を知らないセックスがしたいだけの男にノリでヤられる大学生的で強姦とかヤリモクの軽い男は刑務所へ入れてやれって思う本でした。(ずれてる?) 2022/12/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20226018
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。