ちきゅうのための1じかん―あかりをけそう!アースアワー

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちきゅうのための1じかん―あかりをけそう!アースアワー

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月17日 20時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 32p/高さ 19X27cm
  • 商品コード 9784566080775
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

出版社内容情報

 毎年、春分に近い土曜日の夜8時30分に、アースアワーのために世界中の何百万人もの人々が明かりを消します。それは日付変更線に近い南太平洋諸国から、地球をぐるりと1周する「消灯リレー」。2007年、オーストラリアのシドニーで、地球温暖化防止のちいさなキャンペーンとして始まったこのこころみは、現在では世界自然保護基金(WWF)が主催し、7大陸ほとんどの国々で実施される国際的なイベントになりました。
 シドニーのオペラハウス、万里の長城、エッフェル塔、自由の女神、そして東京タワー――。その街のシンボルの明かりが消え、このとりくみが生まれたシドニーでは、レストランや家庭のあかりも消えるのです。
1年に1回、たった1時間ではたりないけれど、「1年をとおして電気を節約し、わたしたちの地球を守る」という誓いを胸に、心をひとつにして、アースアワーの60分過ごします。
 子どもたちに環境問題を身近に感じてもらうための活動をしている筆者は、このイベントに偶然出くわし、強い感銘をうけました。そして「アースアワーの精神を100万人のひとと分かち合おう!」と心に誓います。その誓いを実現させるために生まれたのがこの絵本です。

内容説明

世界中の人々が、地球をおもって明かりを消す「消灯リレー」。春分に近い土曜日の夜8時30分に、世界中の何百万人もの人々が明かりを消します。日付変更線に近い南太平洋諸国から、地球をぐるりと1周する「消灯リレー」。シドニーのオペラハウス、万里の長城、エッフェル塔、自由の女神、そして東京タワー―。その街のシンボルの明かりが消えます。このとりくみが生まれたオーストラリアのシドニーでは、レストランや家庭の明かりも消えるのです。1年に1回、たった1時間ではたりないけれど、「1年をとおして電気を節約し、わたしたちの地球を守る」という誓いを胸に、心をひとつにして、アースアワーの60分を過ごします。

著者等紹介

ヘファーナン,ナネット[ヘファーナン,ナネット] [Heffernan,Nanette]
アメリカの作家。カリフォルニア在住。環境問題に強い関心をもち、子どもたちにその重要性を訴える活動をしている。アースアワーに感銘を受け、もっと多くの人に参加を呼び掛けるために、自身はじめての絵本となる『ちきゅうのための1じかん』Earth Hourを執筆

ルー,バオ[ルー,バオ] [Luu,Bao]
ベトナム生まれ、アメリカ在住のイラストレーター。『ちきゅうのための1じかん』Earth Hourで、はじめて絵本をてがけた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ほんわか・かめ

27
毎年の春分の日に近い土曜日、20時半から一時間、地球のために明かりを消そうというイベント。恥ずかしながら知らなかった。もちろん一年に一回たった一時間というのは微々たるものだろうけど、世界中が一斉にその一時間でも地球のことを考える時間に充てることに意味があるのだろう。【明かりは地球からもらったエネルギーで灯されている】ちなみに2022年は3月26日土曜日。2022/02/04

おはなし会 芽ぶっく 

18
春分に近い土曜日(3月の最終土曜日)の夜8時30分から1時間、明かりを消す運動「アースアワー」。1年に1回のたった1時間だけれども、私たちの地球を大切に、そして感謝することに繋がりますね。今年も実行できるかな?皆さんに知ってもらえるように絵本になって嬉しいです。今年は3月26日ですよ。2022/02/23

みよちゃん

15
あかりを1じかんけせるだろうか。世界中同時に消灯はできない。でもそれを実行するのとしないのでは、したほうがいいのか?この夜思い出せるのだろうか?暗闇の中。家の周りは運送会社のあかりが消える事はない。昔の田舎は暗闇が怖くて、モチモチの木みたいに、トイレに行けなかった。イベントで竪穴式住居で語りをやったけど、暗闇の経験は今では貴重。この絵本の様になればいいかな。2022/02/21

マツユキ

13
一年に一度、こんな取り組みがあったとは、知りませんでした。世界の観光地と人々の暮らしが優しく描かれていて、電気を消した一時間もまた楽しそう。電気の有難みがよく分かります。2022/07/12

遠い日

11
年に一度、春分に近い土曜日の夜8時30分に世界中の人が明かりを消すイベント、アースアワー。知らなかった。東京でもやっているという。限りある資源の電力をだいじに使うために、心を合わせて取り組む運動。春分の日より前に知れたのはラッキー。やってみようかな。2022/02/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19054608

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。