児童図書館・絵本の部屋<br> あかちゃんの木

個数:

児童図書館・絵本の部屋
あかちゃんの木

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年04月24日 18時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 32p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784566080157
  • Cコード C8798

出版社内容情報

あかちゃんはどこで手に入るんだろう? 男の子の疑問にたくさんの人が答えてくれますが……。あかちゃん誕生にまつわる楽しい絵本。

ソフィー・ブラッコール[ソフィーブラッコール]
オーストラリア生まれの絵本作家。シドニーでデザインを学び、現在はニューヨーク在住。『プーさんとであった日』で、2016年のコールデコット賞に輝く。

やまぐちふみお[ヤマグチフミオ]
英米の絵本や物語の翻訳家として活躍中。おもな訳書に『きょうはみんなでクマがりだ』『ランパンパン』『プーさんとであった日』などがある。

内容説明

あかちゃんは、どこから来るの?オリーブはあかちゃんのたねをうえるんだっていうし、ロベルトさんはたまごからうまれるっていうし、おじいちゃんはコウノトリがはこんでくるっていう。パパとママにきいたら、ちゃんとこたえがかえってきたよ!―子どもたちの疑問にこたえる、あかちゃん誕生にまつわる絵本です。

著者等紹介

ブラッコール,ソフィー[ブラッコール,ソフィー] [Blackall,Sophie]
オーストラリア生まれの絵本作家。シドニーでデザインを学び、のちニューヨークに移り住む。『プーさんとであった日』(評論社)で2016年のコールデコット賞を受賞

やまぐちふみお[ヤマグチフミオ]
翻訳家。英米の絵本や物語の翻訳を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ソルティ

178
多分No.3チョイス。あかちゃんってどうやってどこから生まれてくるんだ?って疑問、小さい頃誰でも思う。周りは色々言うけども、実はちょっとずつ合ってる。でも木にはならない(笑)。あとおじいちゃんが言ったこうのとりが運んでくる、も間違ってるから、あとで教えてあげなきゃ、ってのがまた子供らしい親切心でおかしい(笑)。この絵のあかちゃん、ちょっと不気味でした(笑)。2019/05/30

☆よいこ

63
絵本。新しい赤ちゃんがくるらしい。忙しいパパとママに詳しく質問できなくて、ぼくは色んな人に「あかちゃんはどこからくるの?」と聞いてみた。上級生のオリーブは「たねをうえれば、あかちゃんの木になるわ」先生は「びょういんからよ」おじいちゃんは「コウノトリが夜のうちにはこんできて、げんかんにおいていくんだよ」郵便配達員さんは「たまごからうまれるんだとおもうよ」頭の中がごちゃごちゃになったぼくは、パパとママに話を聞く▽解説に大人向けの説明の一例が書かれる。十月十日のイメージだったけど説明では9か月で生まれるとある2024/02/22

ぶんこ

45
赤ちゃんが産まれると知った僕。色々な人に「赤ちゃんはどこからくるの?」とききます。赤ちゃんの木になると言うオリーブ。マック先生は病院からと。おじいちゃんはコウノトリが玄関に運んでくると。郵便屋さんは卵からと答える。皆違う。最後にママとパパにきいた。きちんと本当のことを教える両親。理解できたかはわからないけど、おじいちゃんの答えだけは違うと思い、おじいちゃんに教えに行く。最後に日本の小児科医院院長の文章での説明があり、良かったです。2024/01/26

たまきら

39
性教育の本は色々ありますが、この本では子供が様々な情報に混乱するようす、そしてその疑問にほがらかに応える両親のようすが紹介されています。子どもの無邪気な問いに比喩や迷信で答えてしまう他人を責めることはできません(逆に詳しく教えてくる方が気持ち悪いですよね)。親が情報を与えることで与えることができる安心感を再確認しました。娘は表紙がかわいい、とにこにこ。2024/02/27

mincharos

31
男の子に妹が生まれることになり、男の子は色んな人に「赤ちゃんはどこから来るの?」と質問をします。聞かれた人は「たねを植えればあかちゃんの木になるのよ」「病院からよ」「コウノトリが玄関に」「たまごからうまれるよ」とそれぞれ違うことを言うので混乱。お母さんに聞くとちゃんと教えてくれて、みんなが言ってたことはどれも正しかったのか!と納得する男の子。性教育、、、難しいなぁ。まだ先だと思いたいけど、息子が最近ハマってるおそ松さんで「ドウテイ」やら「シコる」やらの言葉を覚えてしまった息子なのでした。汗2017/11/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11216325
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。