むのたけじ語る<br> 戦争いらぬやれぬ世へ―むのたけじ語る〈1〉

個数:

むのたけじ語る
戦争いらぬやれぬ世へ―むのたけじ語る〈1〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 340p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784566059757
  • NDC分類 304
  • Cコード C0036

内容説明

本書には居住地周辺の諸集会でおこなった身近な問題での講話を収めた。話のたねは色々だが、どれも煮詰めると「今のこの世の有様をどのように受けとめ、そして何のため如何にこの世を生き抜いていくか」に対する判断と提言です。根底にあるものはたった一つ、この世から戦争をなくしたい、なくさねばならぬという命懸けの志です。言葉の仕事に一生をつぎ込んだ反骨のジャーナリストが「語る」、65億人の一人ひとりへの励まし。

目次

前へ進む道しるべ(前へ進む道しるべ;今、憲法が危ない;ジャーナリズムは死んだか;老いには老いの花が咲く;戦後の日本に思想はあったの?)
むのたけじ平和塾第一期(太平洋戦争の本質は何か;戦後五八年半、歴史の道しるべを学ぶ;民衆と地域の過去・現在・未来;どう行動し、どう結び合うか;反戦平和は人類の土台を清める;社会情勢をいかに正確に判断するか)

著者等紹介

むのたけじ[ムノタケジ]
1915年、秋田県六郷町に生まれる。東京外国語学校スペイン語科卒業。報知新聞社を経て朝日新聞社に入社するが、1945年8月15日の敗戦の日に、新聞人としての戦争責任をとる形で退社。1948年、郷里の横手市でタブロイド版の週刊新聞「たいまつ」を創刊し、78年に休刊するまで、主幹として新聞の在るべき姿を求め続けた。その後も、著述や講演を通してジャーナリスト活動を続け、2003年12月に、湯沢市の市民団体と「むのたけじ平和塾」を開講。2001年、第12回農民文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。