世界の怪奇民話 〈6〉 フランスの怪奇民話

個数:

世界の怪奇民話 〈6〉 フランスの怪奇民話

  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 評論社(1983/08発売)
  • ポイント 20pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 228p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784566055551
  • NDC分類 388.35
  • Cコード C0098

出版社内容情報

現代人の失った自由奔放な想像力と、恐怖への素朴な畏敬に満ちた、ファンタジックな怪奇民話の世界をお楽しみ下さい。1.人魚・妖精の話2.幽霊の話3.狼男の話4.山の怪異・町の怪異の話5.信仰・奇跡の話6.巨人・怪獣の話7.魔女の話8.悪魔の話9.死神の話   小学校高学年~

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

夜間飛行

53
夫婦が釣りに行って人魚を見つけ、夫は逃がしてやろうとしたのに妻が連れ帰ったため、夫と子供のいる家が海に呑まれてしまう。この話で奇妙なのは張本人の妻だけ助かる所だ。人魚のせいで災難に遭うのは男の役割という事なのか。別の民話では、夜の海で男達が人魚の声に誘われて船を漕ぐ。舵音に逃げ出す人魚を見て船主の男は思わず網を投げ、そのまま海に落ちて行方不明になってしまう。もし彼が衝動に駆られただけなら(自業自得とはいえ)少し同情するが、世の中には人魚を見せ物にしようとする人もいるらしい。そんな人は必ず不幸に陥るようだ。2015/02/15

アカツキ

9
民話学者だけでなく歴史学者や地理学者などがフランス国内の民話を調査、地方別に30冊以上出版されているシリーズから怪奇的な話を選んだもの。幽霊や悪魔、信仰の話が多い。好きな話を挙げていくと、肉を食べたがる娘にサイコパス両親が与えたもの「縛り首の男」、墓堀任を驚かせようとするが失敗する「怖がらぬ男」、悪魔にひどい目に遭わされる不屈の狩人「悪魔の七本の毛」、紳士的な悪魔に雇われた男「悪魔の半ズボン」、死神に子供の名づけ親になってもらう「炭焼きの医者」。2023/11/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1451443
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。