評論社文庫<br> 指輪物語〈7〉追補編

個数:

評論社文庫
指輪物語〈7〉追補編

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月12日 23時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 484p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784566023956
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

瀬田、田中訳の完成形として、日本初刊行以来50年の2022年に刊行を始めた『最新版指輪物語』の最終巻。固有名詞と訳文の見直しを行った。本編では語られていない歴史の記述、固有名詞便覧など、『指輪物語』世界の案内書。

内容説明

ファンタジーの最高峰『指輪物語』が今、再び輝く日本語訳完全版。

目次

A 王たち、統治者たちの年代記
B 代々紀(西方諸国年代記)
C ホビット家系表
D 暦法
E 書き方、綴り方
F(第三紀の諸言語と諸種族;翻訳について)

著者等紹介

トールキン,J.R.R.[トールキン,J.R.R.] [Tolkien,John Ronald Reuel]
1892~1973年。南アフリカのブルームフォンテンに生まれ、3歳のとき、イギリスに移住。オックスフォード大学卒業。第一次世界大戦に従軍後、1925年からオックスフォード大学教授。中世の英語学と文学を中心に講じた。『指輪物語』は、20世紀最高のファンタジーとされる

瀬田貞二[セタテイジ]
1916~1979年。現東京都文京区に生まれる。東京帝国大学国文科卒業。第二次世界大戦後、東京府立第三中学校に復職し、教師の傍ら雑誌に児童文学作品を投稿。後、平凡社勤務を経て、児童文学の創作、翻訳、評論の分野で活躍。1959年自宅に瀬田文庫を開き、毎週土曜日の午後に自宅を開放していた

田中明子[タナカアキコ]
1926~2020年。現中華人民共和国山東省の青島市に生まれる。第二次世界大戦勃発のころ、同志社女子専門学校英文科にて学ぶ。終戦後、引き揚げ。慶應義塾大学文学部入学。卒業後は、都立新宿高校の定時制で英語を教える。1950年代半ば、瀬田貞二氏に会う。北極星文庫『この湖にボート禁止』を翻訳。60年代初め、モントリオールで2年を過ごし、ヨーロッパ、エジプト、インドを回って帰国(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

広瀬研究会

4
去年めでたく最新版が出た指輪物語だけど、本編を読む気力がないので追補編だけ買いました。カタカナ表記が刷新されていて「ボロミア」が「ボロミル」なのはまだしも「イシルドゥア」が「イシルドゥル」になると、こってりした味わいになった感じ。物語内でもさまざまな写本が存在することになっている指輪物語だけに、こうして新たな解釈で別バージョンが出るのも必然というか、それを受け入れられるだけの懐の深さがすごい。2023/12/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21277177
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。