評論社文庫<br> 新版 指輪物語〈9〉王の帰還 下 (新版)

個数:

評論社文庫
新版 指輪物語〈9〉王の帰還 下 (新版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 14時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 347p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784566023703
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

恐ろしい闇の力を秘める黄金の指輪をめぐり、小さいホビット族や魔法使い、妖精族たちの、果てしない冒険と遍歴が始まる。数々の出会いと別れ、愛と裏切り、哀切な死。全てを呑み込み、空前の指輪大戦争へ―旧版の訳をさらに推敲、より充実して読みやすく美しい、待望の「新版」。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

405
読了の達成感はなかなかに大きなものがある。物語が描き出す世界観の大きさでは、数あるファンタジー文学の中でも屈指のものだろう。単純に長いということもあるが、もちろんそれだけではない。この物語は、ここに描かれた世界だけではなく、その背後に直接は描かれなかった時間的、歴史的蓄積、あるいは神話伝承をも内包しているからである。個に始まって、壮大な展開を終え、再び個に還るという構成も見事だ。歴史的事象の中にあっても個が生き生きと尊重されることは、これまたいかにもイギリスらしい物語であった。 2019/05/06

藤月はな(灯れ松明の火)

104
指輪放棄の旅はページ数が少ないために一見、あっさり、済んだ感じですが火山口に行くまでの道行が辛かった・・・。オークの拷問から逃げ出してフロド達が経験した飢え、寒さ、疲労、渇き、負傷、絶望などの描写は想像を絶し、耐えられずに悲鳴が何度も上がりそうになりました。しかし、指輪の誘惑に負けず、遂に倒れたフロドを「貴方の重荷は背負えませんが、貴方は背負えます」と背負い、フロドたちの旅立ちを見届けたサムの愛の深さに落涙。そしてスメルゴア(ゴクリ)と互いに憎み合うようになった蛇の舌とサルマンの最期は哀れだと思ってしまう2017/01/09

みっこ

63
ついに本編終了。終盤、フロドの憔悴っぷりが辛い。。サムが料理道具を手放すシーン、フロドを背負うシーンには泣かされました。苦しい旅が終わり、アラゴルンとの再会シーンにもうるうる。後半は一転、希望に溢れた場面が多い。ファラミアが突如情熱的にエオウィンを口説き出し、ニヤニヤしてしまう。そんなギャップもまた良し。永遠の命を捨てエレスサール王に嫁ぐアルウェンの覚悟と哀しみを思うと切ない。なんて強い女性だろう。旅の終わりは別れを意味する。ギムリの『全員が集まることは二度とふたたびあるまいなあ。』に寂しさを感じます。2015/12/26

NAO

58
再読。フロドの憔悴ぶりは読んでいて辛くなるが、指輪の誘惑に抗し続け頑張っていたフロドが最後の最後に取った行動には、びっくりというか、納得というか。改心できなかったとはいえ、スメアゴルのような存在も、最後の最後にはちゃんと役に立つ。でも、そういえば、スメアゴルはもともとホビットだったのだっけ。フロドがスメアゴルみたいになっていたかもと思ったら、かなりいやだな…。2016/06/11

Willie the Wildcat

52
1人1人の役割と意義。突き詰めると、善悪に差異はない。ゴクリの最期が、その象徴。印象的なのがサルマン。秘める心の葛藤。自信と不安の交錯に、自身を見失う・・・。人生の悲喜交々を踏まえた「痛み」へのフロドの思いは、”変化”への願いでもある気がする。木の髭にも同じ思いを垣間見るも、善人説に基づいた願いが相違点かもしれない。故に、そこにビルボとの旅の意義を見出している印象。但し、灰色港での別れの言葉に、どこか寂しさも感じさせるなぁ。2015/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/578382

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。