ロアルド・ダールコレクション<br> アッホ夫婦

個数:

ロアルド・ダールコレクション
アッホ夫婦

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2024年04月18日 01時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 120p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784566014183
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8397

内容説明

毛むくじゃら顔のアッホ氏。その濃いヒゲに、いろいろな食べ滓がくっついて、不潔なこと不潔なこと!アッホ夫人は、さすがに毛むくじゃらではないが、醜い顔立ち。若いころはとてもかわいらしかったのに、年じゅう醜いことを考えているうちに、顔がそうなってしまった!そんな夫婦がくりひろげる「とてもおもしろいけど、こわい。こわいけど、とてもおもしろい」話のかずかず。さて、ちょっと、ぞっとする結末は…。

著者等紹介

ダール,ロアルド[ダール,ロアルド][Dahl,Roald]
1916~1990年。イギリスの作家。サウス・ウェールズに生まれ、パブリック・スクール卒業後、シェル石油会社の東アフリカ支社に勤務。第二次世界大戦が始まると、イギリス空軍の戦闘機パイロットとして従軍したが、撃墜され、長く生死の境をさまよった。戦後、この経験をもとにした作品で作家生活に入り、変わった味わいの短編小説を次々に発表して人気を確立。結婚後は児童小説も書きはじめ、この分野でも、イギリスをはじめ世界じゅうで評価され、愛される作家となっている

ブレイク,クェンティン[ブレイク,クェンティン][Blake,Quentin]
1932年生まれのイギリスのイラストレーター。16歳のとき「パンチ」誌に作品が掲載されて以来、さまざまな雑誌を舞台に活躍。また、20年以上にわたって王立美術大学で教鞭をとるかたわら、R.ホーバン、J.エイキン、M.ローゼン、R.ダールなど著名な児童文学作家との共作も数多く発表し、ケイト・グリーナウェイ賞、ウィットブレッド賞、国際アンデルセン賞画家賞などを受賞している

柳瀬尚紀[ヤナセナオキ]
1943年、北海道根室市生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了。英文学者、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェルナーの日記

307
俗に「似たもの同士」という言葉があるが、まさにそのモノといったお話。一つ屋根の下で数十年生活を共にすれば、仕草や性格・姿かたちが似てくるといわれるが、物語の夫婦は悪い意味で似たもの同士だった。結婚当初は愛し合う仲が倦怠期を通り過ぎいがみ合う仲になってしまった。原題の”The Twits"は”なじる・やじる””ばか・まぬけ・くだらんやつ”などの意味を持つ。そのものずばりの『アッホ夫婦』。醜い同士の醜い争いは結末も醜くなった(見難くなった)。著者ロアルド・ダール一流のブラック・ジョークが冴える抱腹絶笑の物語。2017/02/22

KAZOO

106
ロアルド・ダールの子供向きというよりは大人向きの話です。訳者もよく訳している気がします。食べる時の近くに読んだりすると・・・・。挿絵が結構面白い感じで収められていますが内容は結構ブラックです。最後はマザーグース的な話を思い出しました。2018/05/11

mae.dat

102
夫婦、家族は仲良く暮らさないとね。2020/12/29

キジネコ

39
おっそろしく汚くて、醜くて、意地悪で、ずる賢くて自己中で庇い様がないアッホ夫婦のお噺。虐げていた者達から復讐されて消えてしまうというシンプルな顛末を遂げますが・・ 憎しみを伴侶に向けて仕掛ける致命的な悪戯で表現する同じ趣味に殉じて人生を全う。それって理解し難い愛の形?エゴを唯一の価値基準に据えて互の老醜を確かめ合うような関係・夫婦の歴史が各々の顔を作ったのね。児童書のコーナーで見つけた恐るべきロアルドおじさん、勧善懲悪譚の裏に込めた愛憎表裏一体で多様な幸福哲理を子供達に伝えて、って・・伝わるかなあ(^^ゞ2014/10/11

みーなんきー

19
アッホ夫妻は仲が悪い。互いに嫌がらせをしては、仕返しを繰り返す。夫妻の姿とこの嫌がらせの様子が、オエッとなるほど気持ちが悪く下品で、それがまた子ども達に人気の理由だろう。何もかもが突飛なアイデアで、比類無い、まさにユニークな作品である。2015/03/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/478427
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。