ロアルド・ダールコレクション<br> 奇才ヘンリー・シュガーの物語

個数:
  • ポイントキャンペーン

ロアルド・ダールコレクション
奇才ヘンリー・シュガーの物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月17日 19時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 357p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784566014169
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8397

内容説明

ヘンリー・シュガーは、父親の遺産で暮らす大金持ち。賭け事が大好きで、一日とて働いたことがない。ある夏の週末、友人の邸宅で退屈していたとき、奇妙なノートを見つけた。最初のページにこう記してある。「イムラット・カーン 目を使わずして見る男」そのあまりに不思議な内容に興奮したヘンリーは…。標題作のほかにも、奇怪な物語、自伝的な物語など、興味つきない短編を収録した珠玉の一冊。

著者等紹介

ダール,ロアルド[ダール,ロアルド][Dahl,Roald]
1916~1990年。イギリスの作家。サウス・ウェールズに生まれ、パブリック・スクール卒業後、シェル石油会社の東アフリカ支社に勤務。第二次世界大戦が始まると、イギリス空軍の戦闘機パイロットとして従軍したが、撃墜され、長く生死の境をさまよった。戦後、この経験をもとにした作品で作家生活に入り、変わった味わいの短編小説を次々に発表して人気を確立。結婚後は児童小説も書きはじめ、この分野でもイギリスをはじめ世界じゅうで評価され、愛される作家となっている

山本容子[ヤマモトヨウコ]
銅版画家。1952年に埼玉県に生まれ、大阪で育つ。京都市立芸術大学美術専攻科修了。洒脱で洗練された独自の銅版画の世界を確立し、書籍の装幀・挿画をはじめ、アクセサリーや食器、舞台衣装のデザインからCD制作まで幅広く活躍している

柳瀬尚紀[ヤナセナオキ]
1943年、北海道根室市生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了。英文学者、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェルナーの日記

306
コレクションの第7巻。8編の短編で編まれている。著者ダールは、作家として多彩な人で様々な作品を残している。本書はダールが作家になるきかっけとなるエピソード”思いがけない幸運”やデビュー作となった”楽勝”が掲載されている。私的にダールを評する(とても不遜な考えですが……)とき、ストーリー・テラーとして天賦の才を発揮する人でないかと感じる。物語の筋の運びのおもしろく、短編であろうと長編であっても、読み始めた途端に読者をひきつける力を持っている。まだ読後に思索させられる作品も多く、本書の”白鳥”も例外ではない。2017/02/01

mocha

74
表題作ほか7編収録。ユーモア、ウィット、シニカルといったロアルド・ダールらしい短編を味わい、『思いがけない幸運』で作家となったいきさつを知り、最後にデビュー作『楽勝』で締めくくる。1冊にダール氏の魅力が詰まった本。この人が〈グレムリン〉の生みの親だとは知らなかった。『ミルデンホールの宝物』がお気に入り。2015/09/14

ゆのん

49
8編から成る短編集。お気に入りは『奇才ヘンリー・シュガーの物語』『思いがけない幸運』。ロアルド・ダールがどのようにして作家になったかという話は有名だが、改めて読むとまさに『幸運』という言葉がピッタリだと感じる。もちろん、もともと才能があったのだろうがその才能を発掘され、気付かされたなければ埋もれて作品が世に出る事も無かったかもしれない。運も実力のうちという事。1672019/05/22

funuu

24
イギリスのカーディフのランダフ地区にてノルウェー移民の両親のもとに生まれる。シェル石油で働き、タンザニアやカナダにも行ったが、第二次世界大戦が始まってからはイギリス空軍の戦闘機パイロットとして従軍、5機撃墜を公認されエース・パイロットとなっている。搭乗機が撃墜され重傷を負うも生還した。しかし、この際に脊髄を負傷した事による後遺症に生涯苦しめられた。チョコレート工場の秘密の作者の人生がよくわかります。浮気者だったみたい。2017/09/24

ふろんた

17
ロアルド・ダールコレクションシリーズ全20作品で最後に読みました。他と比較しても文章が硬めで、自伝っぽいお話もあるので、最後に読んで正解かも。2014/03/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12160

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。