ロアルド・ダールコレクション<br> ガラスの大エレベーター

個数:

ロアルド・ダールコレクション
ガラスの大エレベーター

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年04月18日 01時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784566014145
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8397

内容説明

ワンカ氏ご自慢のガラスの大エレベーターに乗ったチャーリー一家。あの有名なチョコレート工場へ帰るはずが、高度を上げすぎて、なんと宇宙に飛び出してしまった。そこに浮かんでいたのは、アメリカご自慢の巨大宇宙ホテル。中にいたのは、あろうことか害獣クニッド。あやうし、ガラスの大エレベーターご一行!しかし、ワンカ氏の目はチカチカっと光って…。くり出す奇策と奇怪な発明品に、読者も目くるめく世界へ…。

著者等紹介

ダール,ロアルド[ダール,ロアルド][Dahl,Roald]
1916~1990年。イギリスの作家。サウス・ウェールズに生まれ、パブリック・スクール卒業後、シェル石油会社の東アフリカ支社に勤務。第二次世界大戦が始まると、イギリス空軍の戦闘機パイロットとして従軍したが、撃墜され、長く生死の境をさまよった。戦後、この経験をもとにした作品で作家生活に入り、変わった味わいの短編小説を次々に発表して人気を確立。結婚後は児童小説も書きはじめ、この分野でも、イギリスをはじめ世界じゅうで評価され、愛される作家となっている

ブレイク,クェンティン[ブレイク,クェンティン][Blake,Quentin]
1932年生まれのイギリスのイラストレーター。16歳のとき「パンチ」誌に作品が掲載されて以来、さまざまな雑誌を舞台に活躍。また、20年以上にわたって王立美術大学で教鞭をとるかたわら、R.ホーバン、J.エイキン、M.ローゼン、R.ダールなど著名な児童文学作家との共作も数多く発表し、ケイト・グリーナウェイ賞、ウィットブレッド賞、国際アンデルセン賞画家賞などを受賞している

柳瀬尚紀[ヤナセナオキ]
1943年、北海道根室市生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了。英文学者、翻訳家
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェルナーの日記

156
著者ダールは、翻訳者泣かせの作家のひとりといえるのではないだろうか?ルイス・キャロル『アリス』シリーズのように、話の筋というものが殆んどなく、その場の状況の面白さによって物語が構成されている。原書を読んでいないので、正確にはいえないが、たぶん正式な英語ではなく、俗語(スラング)や鞄語(凡そ造語という意味)によって書かれてあると感じる。よって訳者が、どのような訳を宛てるかによって作品の良し悪しが分かれる。本書も、その類の作品であり、この本は、原書と読み比べることによって、本当の面白さが味わえるといえよう。2015/07/21

KAZOO

140
これは「チョコレート工場の秘密」の続編なのですね。エレベーターに乗ったと思ったら突き抜けてしまい宇宙まで行ってしまいます。そこには面白いホテルがあったり、さまざまな冒険をしたりして読んでいる方としては楽しめます。若干訳が子供向きではなくマニア向きなのでしょう。柳瀬さんが訳されています。2017/04/08

mae.dat

128
チョコレート工場の秘密の続編、と言うか、そのまま続きのお話しでした。 はちゃめちゃな世界ですが、チョコレート工場の秘密(又は映画チャーリーとチョコレート工場)の斜め上を行くはちゃめちゃな感じまでは達していない様な。面白いんですけどね。それだけ前作が秀作と言うか。2020/12/29

るるみこ

27
『チョコレート工場の秘密』の続編。続編が出ていることを知りませんでしたが、いつものように読メを彷徨っていたら続編があることを知り、早速手に取りました♪続編ではるものの、チョコレート工場がほぼ関係なくなってた…(笑)それでも愛らしいチャーリーやその家族、頭を捻挫しているワンカさんには今回も笑わしてもらいました。新たに登場する人物たちもはやり愉快なネーミング。訳者の柳瀬さんのあとがきにもありましたが「乳母の歌」の歌詞には思わず吹き出してしまうくらい笑えます。英語まったく読めませんがいつか原作にも挑戦したい!2015/10/06

らん

22
争いごと、欲望をむきだしにして争っている人達の姿を見るのは私も苦手だなぁ。ワンカ氏はみんなが喜ぶ姿が見たいのにね。続編がこんな展開になるなんて思いもよらなかったけれど、謎の生き物の登場からラストまでまさかまさかな展開で楽しめました。何歳になっても、人を動かす原動力は夢のようなわくわくする事なんだなと思って、そのわくわくするような事がはじまりそうなときめきに私まで嬉しくなるような気持ちで読み終わりました。この続きを想像してすごく素敵で楽しい気分に。たくさんの子供達にこのわくわくする気分を味わってもらいたい。2023/03/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/556629
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。