ロアルド・ダールコレクション<br> おばけ桃が行く

個数:
  • ポイントキャンペーン

ロアルド・ダールコレクション
おばけ桃が行く

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2022年08月10日 05時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784566014107
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8397

内容説明

両親をなくし、ぐうたらで意地悪な二人の叔母に引き取られたジェイムズ少年の毎日は、つらくて悲しいことばかり。そこへ、奇妙な老人があらわれて、奇妙なプレゼント。ある日、庭の桃の木に、りっぱな実が生って、みるみるうちに家一軒ほどの巨大桃になり、中にいたのは、これまた巨大で不気味な虫が七匹…。やがて、ジェイムズ君と虫たちを乗せた巨大桃は、木から離れ、断崖から海へ飛びこみ、はるかな冒険の旅に出発した。

著者等紹介

ダール,ロアルド[ダール,ロアルド][Dahl,Roald]
1916~1990年。イギリスの作家。サウス・ウェールズに生まれ、パブリック・スクール卒業後、シェル石油会社の東アフリカ支社に勤務。第二次世界大戦が始まると、イギリス空軍の戦闘機パイロットとして従軍したが、撃墜され、長く生死の境をさまよった。戦後、この経験をもとにした作品で作家生活に入り、変わった味わいの短編小説を次々に発表して人気を確立。結婚後は児童小説も書きはじめ、この分野でも、イギリスをはじめ世界じゅうで評価され、愛される作家となっている

ブレイク,クェンティン[ブレイク,クェンティン][Blake,Quentin]
1932年生まれのイギリスのイラストレーター。16歳で「パンチ」誌に作品が掲載されて以来、数多くの雑誌を舞台に活躍。また、20年以上にわたって王立美術大学で教鞭をとるかたわら、R・ホーバン、J・エイキン、M・ローゼン、R・ダールなど著名な児童文学作家との共作も数多く発表し、ケイト・グリーナウェイ賞、ウィットブレッド賞、国際アンデルセン賞画家賞などを受賞している

柳瀬尚紀[ヤナセナオキ]
1943年、北海道根室市生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了。英文学者、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

138
ダールの子供向け作品というのは、比較的シニカルな感じがします。結構破天荒な物語になっていてこの作品も桃が大きくなりその中にいる虫たちと主人公がいろいろ経験をします。チョコレート工場と同じように映画化すると楽しい感じがします。2017/03/02

mae.dat

128
色々謎が残されたまま終わってしまった。言うても児童書だからね。そんなに考え過ぎるなよと。考えるのではない、感じるのじゃ。と、言われそうだけどね。冒頭の方で出てきた緑のスーツのおじさんは何者で、頂いた物を正規の使い方したらどうなったの?色んな事が放りっぱなしなんたよ。これはマザーグース風の特有のな物なのかな?2020/12/27

ヴェルナーの日記

90
有名な『ジャイアント・ピーチ』の種本。20世紀前半の文学界にロシア・フォルマリズムとして『異化』作用と呼ばれるものがある。日常(正常)の中に、非日常(異端)を入れて、この非日常を日常へと修正する過程が物語を創りだすといったもの(詳しくは割愛)。逆もいえる。非日常(不条理)の中に、1つだけ日常(常識)を入れ、この日常をいかに回収していくかという過程に物語が生まれる。本作品は、後者であり、主人公・ジェームズ少年という常識が、巨大な桃が存在する非常識な世界で、どのようにまとめていくかが作品に物語性を与える1冊。2015/05/22

ソルト

21
両親の死によりいじわるな叔母二人と暮らすことになったジェイムズ君。不思議な老人に渡された小さな袋。転がった拍子に小さな緑色の粒々が飛び出しみるみる地面の下へ。すると庭にあった1つの桃が大きくなりはじめて…!!こんなに大きくなってどうなるんだ?!と読んでいたら桃の中にはへんてこで楽しげな大きくなった虫たち。枝から離れたおばけ桃とジェイムズ君と虫たちとの旅が始まる。久しぶりにロアルド・ダールさんの本が読みたくなって借りてきました。他のコレクションシリーズも読んでみようと思います。2021/10/25

ゆか

20
両親をなくし、意地悪な二人の叔母に引き取られたジェイムズ少年の毎日は、つらくて悲しいことばかり。そこへ奇妙な老人が現れ…という物語。老人からのプレゼントが、本来とは違う形の使い方となってしまった点が面白かった。巻末の訳者と百足の対談の解説が良い。例えばおばあちゃんクモのお父さんの命日が4月26日、シェイクスピアが洗礼を受けた日で、シェイクスピアが洗礼の水を浴びたのと同じ日に、お父さんクモが水で洗い流されてしまったとか、てんとう虫が火事ばかり心配しているのはマザーグースからなど、翻訳の苦労もわかる。2021/06/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/549902

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。