児童図書館・文学の部屋<br> ベイカー少年探偵団〈5〉盗まれた宝石

個数:
  • ポイントキャンペーン

児童図書館・文学の部屋
ベイカー少年探偵団〈5〉盗まれた宝石

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784566013735
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8097

内容説明

ダイアモンドをはめ込んだ有名なティアラが盗まれた。容疑者とされたのは召使の少女ポリー。少年探偵団は真犯人探しにふるい立つ。意外な真犯人とその手口は。

著者等紹介

リード,アンソニー[リード,アンソニー][Read,Anthony]
ロンドンの名門演劇学校に学ぶ。18歳で俳優のマネージャーとなる。それ以後、広告、新聞雑誌、出版、TVプロデューサーの仕事を経た後、作家生活に入る。200を超える人気TV番組の著者権を持つ。ノンフィクション作品も手がけ、『水晶の夜事件(Kristallnacht)』では、H.H.ウインゲート賞を受賞

池央耿[イケヒロアキ]
1940年東京生まれ。1964年国際基督教大学教養学部人文科学科卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

科学の小鹿

5
ティアラを盗んだ犯人として追われる召し使いのポニー。少女の濡れ衣をはらし、真犯人を捕まえるため、クイニーは下働きするフリして屋敷への潜入捜査を開始する。何だか今回はミステリー感が強かった。2014/05/12

ぽま

3
冒険譚が中心のこのシリーズの中では、珍しくミステリ色の強い一冊。表題のとおり、宝石の盗難事件を調べるため、探偵団の母親役であるクイニーが潜入捜査に。今回は物語に歴史を大きく噛ませるよりも、庶民の生活様式に主眼を置いた印象。当時の煙突掃除夫や屋敷の下働きの生活が垣間見えて興味深い。就職にあたっての紹介状の制度などを見るに、やはり当時一番重要だったのは人脈なのだなと思わせる。紹介元がワトスン先生のような医師であったのなら、社会的な信用度はばっちりですね!2012/09/23

雪音

1
シリーズをまさかの五巻から入り、いきなりメンバーの中で一人激しく面倒だと感じる子がいるんですが…。それはさておき、ウィギンズを始めそれぞれが的確な行動をしながら解決の光を覗かせる事件に、関連事件から繋がって登場するホームズ。ウィギンズの推理。変にぐるぐるせずすっぱりと解決したけれど、ミステリーだな、と思う話でした。2012/03/06

そら@真面目にダイエット中

1
知恵を貸してくれるホームズは留守、探偵団のみんなだけで事件を解決するために、マウントジョイ家に下働きとして潜り込んだり、煙突掃除に扮装して調査をしたりと、大奮闘です。犯人はやや意外な人物で、楽しめました。2009/03/20

えみっち

1
このシリーズの中では、一番ミステリっぽいと思うのだがどうか。ホームズさんはいつも不在(関連事件の調査なんだけどね)。原作だと結構ベイカー街でとぐろを巻いているような気がするのだがどうか。2011/01/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/226155

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。