児童図書館・絵本の部屋<br> 帆かけ舟、空を行く

個数:
  • ポイントキャンペーン

児童図書館・絵本の部屋
帆かけ舟、空を行く

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月11日 07時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4変判/ページ数 1冊(ペ/高さ 26X27cm
  • 商品コード 9784566008779
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

内容説明

イゾベルとニコラスは、砂浜でこわれた舟を見つけた。車輪のついた、おかしな舟だった。直して、ふたりが乗りこむと、風がふいて舟がすべりだし…大空へ!舟は、羽根を撃たれた鳥を乗せ、いじめられている女の子を乗せ、働かされて弱っている男の子を乗せ、なおも大空を行く…。この本は、世界じゅうの1800人もの子供たちの協力を得てつくられました。

著者等紹介

ブレイク,クェンティン[ブレイク,クェンティン][Blake,Quentin]
1932年、イギリスのロンドン生まれ。イラストレーター、絵本作家。16歳のとき「パンチ」誌に作品が掲載されて以来、さまざまな雑誌を舞台に活躍。また、20年以上にわたって王立美術大学で教鞭をとるかたわら、R・ホーバン、J・エイキン、M・ローザン、R・ダールなど著名な児童文学作家との共作も数多く出版している。『マグノリアおじさん』(佑学社)でケイト・グリーナウェイ賞、また2002年には国際アンデルセン賞画家賞を受賞

柳瀬尚紀[ヤナセナオキ]
1943年、北海道根室市生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了。英文学者、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tokotoko

30
表紙を開くと、たくさんの小さなアルファベットが前にも後ろにも見開きにいーっぱい!オシャレだなぁ~って思って読み始めました。イゾベルとニコラスが砂浜を散歩していると、壊れた舟を見つけます。何と!この2人、この舟を修復するのです。そして・・・。「今年後半も元気で漕ぎ出そう・・・という気分にぴったり!」って借りた本。この舟の旅は、ただ元気なだけじゃありませんでした。もしよかったら読んでみてください。最後に作者からのメッセージと、アルファベットのわけが書いてあります。たくさんの優しい気持ちでできあがった本でした。2014/07/01

魚京童!

9
自由、平等、平和、戦争、栄華、没落、感動、協働、金塊。2020/07/23

ヒラP@ehon.gohon

9
壊れた帆かけ舟を作り直して、空を飛ぶ舟が出来ました。 その舟で、イゾベルとニコラスは困っているいろんな子どもたちを助けて回ります。 様々な問題を取り上げているので、煩雑な感じもするのですが、あとがきを読んで納得しました。 この絵本には、世界中の多くの子どもたちの願いが込められているのです。 貧困、戦争、環境問題…。 世界からなくしたい諸問題がひしめいているなかで、空飛ぶ帆かけ舟は、ブレイクの祈りかも知れません。2016/06/03

わかな

9
井の中の蛙、大海を知らず。自己満足に浸る生活をしていたりすると、もしかしたらこの手のメッセージについて考える力は得られないかもしれません・・。作者=クェンティン・ブレイクさんの苦難の道のりが見えるような作品です。こんな風に苦しんでいる人がいるということ、そして、それはなぜか?について考えること、そこから何を感じ、どうすればいいかについて想う力をつけること―そのメッセージを絵本という媒体で、人生経験の短い読者に端的に伝えることは、並大抵ではなかったハズ。脱帽です!!我が子へ機会を与えてくださり感謝します。2011/05/21

いっちゃん

7
たくさんの子供たちのアイデアを取り上げて出来た本。世界をこんな船が飛んでたら、助けてもらいたい人がたくさんいるのかも。最後は、みんなに問いかけ。みなさん自信でかんがえてねってことかな2014/06/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/582040

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。