児童図書館・絵本の部屋<br> みえないさんぽ―このあしあとだれの?

個数:
  • ポイントキャンペーン

児童図書館・絵本の部屋
みえないさんぽ―このあしあとだれの?

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(ペ/高さ 19X24cm
  • 商品コード 9784566007390
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

出版社内容情報

雪の日、家のなかから外にでてゆく“あしあと”。だれのだろう? だれとだれが、であったのかな? さんぽのとちゅう、なにがおこったとおもう? ちいさな“あしあと”もみのがさないで、よっくみて! 本にはさんである絵にじゅんばんをつけて、おはなしをつくってみよう。   幼児~

内容説明

このあしあとはだれのだろう?だれとだれがであったのかな?さんぽのとちゅう、なにがおこったとおもう?ちいさなあしあともみのがさないでよっくみて!ほんのなかにはさんであるえにじゅんばんをつけて、おはなしをつくってみよう。

著者等紹介

ミューラー,ゲルダ[ミューラー,ゲルダ][Muller,Gerda]
1926年、オランダに生まれ、アムステルダムのデザイン学校を卒業。パリに移り、出版社で絵本の編集にたずさわりながら、絵を描く
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

浅葱@

36
足跡を読む絵本。ん?と、はなっから行きつ戻りつしてしまいました。経験と想像力を駆使して読みました。裏の見開きで、子どもと犬が出てきて、こういうこと!!だったんだとわかりました。私が想像出来なかった部分もあり、また初めから見ることに。考える絵本は、子どもから大人までじっくりどうぞ。お話し絵本と知識絵本の間に位置する絵本です。2014/06/22

ひ  ほ

27
あしあとから物語を創造するのって楽しいかも。読友さんの感想を読んで早速図書館で借りてきました。2016/05/26

ヒラP@ehon.gohon

21
言葉がないので、想像するしかないのですが、描かれている足跡の上で、何がなされているのか考える絵本です。 「本の後ろに順番に並んだ絵があるよ」と、スケッチが並んでいるので、答え合わせのような気分で眺めてみたのですが、どうもスッキリしないところが残念でした。 少年の他に大人の足跡があります。 テーブルの上の物の変化を見ると、お母さんの足跡は描かれていないように思います。 言葉も姿もないだけに、細部が気になる絵本でした。2020/04/26

遠い日

21
字のない絵本。雪の上、足跡を追って物語が進む。小さな男の子と飼い犬の足跡、周りの風景から起こったことを推測していく。小さな小さなドラマですが、あぁ、この子はこれがしたかったのかと、子どもの思いに触れる時、銀世界に飛び出していった弾むような気持ちがよくわかる。2016/03/15

Willie the Wildcat

20
言葉はない。”あしあと”で想像。大小、様々なあしあと。イメージを膨らませることで毎回少なからず異なる物語になる。毎回盛り上がるのは「木の下」。今回は「リスを探していた」とのこと。表紙、裏表紙、それぞれに”正解”があるけど、これらはあまり気にしない。絵も(雪の中でも)温かく、話が弾む一冊ですね。2012/06/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/134283

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。