児童図書館・絵本の部屋<br> わすれられないおくりもの

個数:
  • ポイントキャンペーン

児童図書館・絵本の部屋
わすれられないおくりもの

  • ウェブストアに255冊在庫がございます。(2022年08月11日 17時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(頁/高さ 22X27cm
  • 商品コード 9784566002647
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

出版社内容情報

絵本 幼稚園~

野原のだれからもしたわれた、アナグマが死んだ。みんなは悲しくて、どうしていいかわからない。でもアナグマは、みんなひとりひとりに、すてきなおくりものをのこしていった…。“死”の意味をやさしく温かく伝える。

全国学校図書館協議会選定、よい絵本、日本図書館協会選定



内容説明

アナグマは、もの知りでかしこく、みんなからとてもたよりにされていた。冬のはじめ、アナグマは死んだ。かけがえのない友を失った悲しみで、みんなはどうしていいかわからない…。友だちの素晴しさ、生きるためのちえやくふうを伝えあっていくことの大切さを語り、心にしみる感動をのこす絵本です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アサガオ先生

226
この絵本を読んで、子どもの頃、毎日、一緒にいて、口うるさく言われて、叱れて、嫌だと思っていた母親が亡くなった時、毎日待ち続けても帰るはずのない母の存在を失って初めて、心から大切で本当に愛しているのだと気づいた事がよみがえってきました。そして、何度も涙が出て止まりませんでした。そして、私の為にやってくれた数多くの愛情という繋がりを写真を見ながら思い出しました。死は、無くなるのではなく、私達の心に刻まれるものだと感じました。今も尚、母は私の中に生きています。今度は私が親として、子どもにメッセージを贈ります。2016/11/16

やすらぎ

216
アナグマおじいちゃんは、最後に永い幸せな夢を見ることができた…。必ず訪れる生命の終わり。体は失くなるけれど、心は残り続ける。生前、モグラやカエル、キツネやウサギに大切なことを伝えてきた。悲しい冬が終わり、季節が変わり心は整理され、最後の雪が溶けたとき、「わすれられないおくりもの」を受け取ったみんなは、お互いに助け合い、心の中の宝物は力となって生き続けている…。みんな優しくありたい、穏やかに過ごしたいと思っている。ありがとうの一言で優しくなれるときもある。激動の日々の中、いかに心の温もりを保ち続けられるか。2021/01/30

♪みどりpiyopiyo♪

201
お医者さんの待合席で読みました。生きるって、穏やかに 和やかに 優しく 親しく 親切に、そうやって生きてきた事が、その後もみんなの心に生き続けることなんだなー。…と、小学生のような感想になっちゃったけど、ほんとそう思います。アナグマさん またね。2016/06/27

アサガオ

182
この絵本を読んで、子どもの頃、毎日、一緒にいて、口うるさく言われて、叱れて、嫌だと思っていた母親が亡くなった時、毎日待ち続けても帰るはずのない母の存在を失って初めて、心から大切で本当に愛しているのだと気づいた事がよみがえってきました。そして、何度も涙が出て止まりませんでした。そして、私の為にやってくれた数多くの愛情という繋がりを写真を見ながら思い出しました。死は、無くなるのではなく、私達の心に刻まれるものだと感じました。今も尚、母は私の中に生きています。今度は私が親として、子どもにメッセージを贈ります。2016/05/15

hnzwd

172
名作。帰省のついでに再読。残された者達が思い出を語る事で、「居た」「生きた」という事はどういう事かを考えさせられる一作。思い出を語り、もらったものを糧として、前を向いて歩いて行くしかないのだ。2015/01/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/112436

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。