大学就職試験シリーズ16<br> 就職試験 SPI突破の極意〈2002年度版〉―確実に高得点がとれる必勝法

  • ポイントキャンペーン

大学就職試験シリーズ16
就職試験 SPI突破の極意〈2002年度版〉―確実に高得点がとれる必勝法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 188p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784565020161

内容説明

本書は、就職活動のプロセスで、筆記試験として課される「SPI試験」で、高得点を獲得することを目的とするもの。SPI本試験の綿密な分析から抽出された頻出パターンを題材として、(1)基礎知識の獲得、(2)解法パターンの習得、(3)本試験レベルの演習、と段階的に勉強を進めいくことが可能である。

目次

1 SPIについて
2 検査2―非言語能力検査
3 検査1―言語能力検査
4 検査3・4―性格適性検査
5 最速実力アップ模擬テスト

著者紹介

家坂圭一[イエサカケイイチ]
(株)NES/クイック教育システムズ代表取締役、東京大学卒。「最小限の学習で最大の効果をあげる」ことを、自らの学習経験から悟り、その経験を「クイック・システム」として結実させた。就職筆記試験としてとらえても最難関といえる、国家公務員I種合格の経験をもつ。あらゆる試験で「楽に」「確実に」成果をあげる方法の確立という点で、彼に抜きん出る者はいないと言っても過言ではない

大久村和宏[オクムラカズヒロ]
(株)NES・専任講師、早稲田大学卒。家坂と同様、国家公務員I種合格経験をもつ。「楽に」「確実に」という学習方法は、大久村というフィルタを通すと、「手抜き」「合理化」「省力化」ということになる。口ぐせは、「答えが出せれば、あとはどうでもいい」「余計な教科書を買い込むな」この姿勢は、自身が講義に出る際、移動の車中、iモード携帯電話で予習をするという光景を生み出してさえいる

東海朋宏[トウカイトモヒロ]
(株)NES・専任講師、明治大学卒。ボディー・ビル、バレーボール等をこなす、生粋の体育会系講師。試験勉強というと、とかく「つまらないモノ」というイメージがつきまとうが、スポーツ同様、試験勉強も「体で覚えるもの」と考えている。「難しく考えるな」「習うより慣れろ」というポリシーに沿った熱血講義には、誰もが圧倒される