細胞の生物学

個数:

細胞の生物学

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 233p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784563082864
  • NDC分類 480
  • Cコード C3345

内容説明

生命という営みを支えるしくみ・原理は何なのか?細胞研究者は、その答えを細胞の中の現象に求めていく。細胞周期、細胞分裂、細胞死、細胞運動、細胞内情報伝達といった代表的な現象について、日本の第一線の研究者陣が、各々追っているテーマを中心に総括した。

目次

序章 個別性と普遍性の間を行き来してきた細胞研究
1章 ヒトデ卵の成熟と減数分裂の制御機構:半世紀にわたる研究の展開
2章 動物細胞の生と死の制御:神経細胞を中心として
3章 動物胚における細胞分裂パターンの制御:不等分裂を中心として
4章 新しい電子顕微鏡法で見る膜細胞骨格
5章 鞭毛・繊毛運動のしくみ
6章 グアニル酸シクラーゼを介する情報伝達系:ウニからヒトへ
終章 動物科学者の「細胞の生物学」

著者等紹介

鈴木範男[スズキノリオ]
医学博士。1972年東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻博士課程単位取得退学、富山大学理学部助手。1973年帝京大学医学部講師。1979年同助教授。1985年金沢大学理学部教授。1994年北海道大学大学院理学研究科教授。2006年北海道大学大学院理学研究院教授

神谷律[カミヤリツ]
理学博士。1971年東京大学教養学部基礎科学科卒業。1976年名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了。1979年名古屋大学理学部助手。1990年同助教授。1992年東京大学大学院理学系研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。