植物学史―19世紀における植物生理学の確立期を中心に

個数:
  • ポイントキャンペーン

植物学史―19世紀における植物生理学の確立期を中心に

  • 増田 芳雄【著】
  • 価格 ¥3,669(本体¥3,398)
  • 培風館(1992/05発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 66pt
  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 193p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784563077150
  • NDC分類 470.2

内容説明

本書は植物生理学の第一線で、長年、研究や教育活動を続けてこられた著者のこのような信念に基づいて、ヨーロッパにおける植物生理学の確立期を中心とした植物学の流れと、これに寄与した植物学者の業績、さらにその人間像を、物語的にまとめたものである。

目次

1 『Planta』からみた植物学の変遷
2 19~20世紀の植物学―ザックスとペッファーの時代
3 成長生理学
4 植物の分化
5 植物学の源流と展開―18世紀から20世紀へ