食品分析学―機器分析から応用まで (改訂版)

個数:

食品分析学―機器分析から応用まで (改訂版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年06月25日 04時39分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 208p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784563073640
  • NDC分類 498.53

内容説明

本書は、食品分野を志す読者を対象に、機器分析法と食品特性を融合した食品の分析技術をやさしく解説したテキストである。基礎編で、食品分析に関連する機器分析の原理・原則と特徴が十分理解できるよう、食品の一般成分分析法と機器分析法を丁寧に記述している。応用編では、食品特性の理解と分析値の解釈を行う素養、能力を身につけるために、成分対象別に各種分析法を簡潔に解説している。食品科学、栄養科学に関する学部学生および食品技術者にとって必携の書である。

目次

第1部 基礎編(食品の一般成分分析;食品成分の定量に用いられる機器分析法;食品の分離・定量に用いられる機器分析法;構造解析に用いられる機器分析法;生化学的反応に基づく分析法)
第2部 応用編(アミノ酸・タンパク質の分析;脂質の分析;炭水化物の分析;ビタミンの分析;無機質の分析;有機酸の分析;核酸関連物質の分析;香気成分の分析;色素の分析;抗酸化性評価)

著者紹介

松井利郎[マツイトシロウ]
1986年九州大学農学部食糧化学工学科卒業。1991年九州大学大学院農学研究科博士課程修了。現在、九州大学大学院農学研究院教授、農学博士

松本清[マツモトキヨシ]
1969年九州大学農学部食糧化学工学科卒業。1974年九州大学大学院農学研究科博士課程修了。現在、九州大学名誉教授、農学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)