電子情報工学ニューコース<br> ディジタル信号処理

個数:

電子情報工学ニューコース
ディジタル信号処理

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月19日 21時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 171p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784563069971
  • NDC分類 548.2
  • Cコード C3355

内容説明

ディジタル信号処理の基礎をわかりやすく解説した教科書。原理から多くの重要な定理や性質を導くように試み、導出過程を省略せず詳しく記述している。1章から5章までが基礎編に相当。信号処理の概要からはじめ、ディジタル信号処理の最も基本となる離散時間信号に関して、その数学的記述ならびにシステムの概念を丁寧に説明する。その上で高速フーリエ変換、およびフィルタについて説明する。6章以降は、応用技術に関するものでサンプリングレートや相関関数の問題、適応信号処理や2次元信号処理など各種応用技術の基本となる考え方を平易に解説する。

目次

1 信号処理の概要
2 離散時間信号とその数学的表現
3 離散時間システムの解析
4 高速フーリエ変換
5 フィルタ
6 サンプリングレートの変更
7 相関関数とスペクトル推定
8 適応信号処理
9 2次元信号処理