心理学の世界<br> 神経心理学―高次脳機能研究の現状と問題点

個数:

心理学の世界
神経心理学―高次脳機能研究の現状と問題点

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2022年01月24日 15時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 293p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784563058968
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C3311

内容説明

脳損傷事例の分析を通じて脳の高次機能のメカニズムを解明してきた神経心理学は、異なる考え方の対立の歴史を歩んできた。それに加え、近年のfMRIやDTIなどの脳画像技術の進歩により、これまでに蓄積されてきた知見に反する結果も明らかにされ、事態がいっそう混沌としている。本書では、そうした対立点を明らかにしながら、高次脳機能研究の現状について損傷事例を中心に解説する。脳のもつ構造と機能の複雑さ、それに由来する人間の脳研究の奥深さを感じることができる。

目次

1章 神経心理学とは―神経心理学の定義、歴史、方法と現状
2章 対象の知覚・認知の障害―感覚情報の処理と認知
3章 言語の障害―言語の脳内機構研究の問題点
4章 読み書きの障害―書字言語の神経心理学
5章 視空間認知機能の障害―空間知覚と空間行動の神経心理学
6章 動作・行為の障害―単純な動作から社会行動まで
7章 記憶の障害―憶えることと忘れることの神経心理学
8章 半球機能の側性化と半球間離断症候群―左右大脳半球の離断に生じる病態

著者等紹介

河内十郎[カワチジュウロウ]
1968年東京大学大学院人文科学研究科単位取得満期退学。1982年文学博士。1988年東京大学教養学部教授。1999年東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アルカリオン

1
ムッシュー・タンの通称で知られる、ブローカ失語の第一症例患者の本名はルボルニュ Leborgne。p7 2018/07/14

のねこ

0
大学図書館の新着図書の棚から。こういう学問的な本を登録するにつけ、これは読書と言っていいのかと迷う。本を読んでるんだし、とは思うが、なんだか読書というと、文学作品やエッセイのようなイメージがある。 教科書、といった感じの本でした。2014/05/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7567419

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。