僕が違法薬物で逮捕されNHKをクビになった話

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

僕が違法薬物で逮捕されNHKをクビになった話

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年03月02日 20時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584139370
  • NDC分類 368.8
  • Cコード C0036

出版社内容情報

NHKのアナウンサーとして順風にキャリアを重ね、東京勤務になってからは夕方5時の帯ニュース番組を担当し、「さあこれからだ!」という矢先に違法薬物で逮捕。さらに違法という自覚も無く、自分自身で製造まで行っていたという。そんな氏が、そもそもなんで薬物に手を出したのか、依存するようになったのか。後悔と懺悔の独白および、底からのリカバリーなど、自身の経験をこと細かに独記し、薬物使用に対する警鐘本とする。

内容説明

報道する側から一転して報道される側に転落し、後悔と懴悔の日々から、ついにはうつ病を発症。薬物使用者はいかにしてリカバリーするべきか。NHK「シブ5時」リポーターだった著者の逮捕・勾留の内幕と、自責の念から発症したうつ病との向き合い方。いったい薬物逮捕者はどう立ち直ればいいのか。

目次

第1章 逮捕前日
第2章 湾岸署勾留30日間
第3章 NHK懲戒解雇
第4章 進行するうつ病
第5章 依存症回復施設通院
第6章 どん底からの立て直し
第7章 違法薬物と報道
特別対談 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存症センターセンター長・松本俊彦×塚本堅一―薬物依存のレッテルから社会的に回復できる世の中に

著者等紹介

塚本堅一[ツカモトケンイチ]
元NHKアナウンサー。明治大学卒業後、2003年にNHKに入局。京都や金沢、沖縄勤務を経て2015年に東京アナウンス室に配属。月曜~金曜の夕方5時の帯番組『ニュース シブ5時』のリポーターを担当し、夕方5時台の顔になる。2016年1月に液体状の危険ドラッグ「ラッシュ」の所持・製造で逮捕され、翌2月にNHKを懲戒免職となった。釈放後はうつ病になり、国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦医師の勧めで、依存症からの回復施設「RDデイケアセンター」に通所。現在は自助グループに参加しつつ、依存症予防教育アドバイザーとして、依存症関連イベントにて司会や講演活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。