ヴェルサイユ宮殿―39の伝説とその真実

個数:

ヴェルサイユ宮殿―39の伝説とその真実

  • ウェブストアに22冊在庫がございます。(2019年06月18日 14時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 268p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562056675
  • NDC分類 235.05
  • Cコード C0098

内容説明

ヴェルサイエ宮殿はあまりに親しまれているため、わたしたちはよく知っていると思っている。だが、それは間違いである。ヴェルサイユの伝説は多い。宮殿の日常生活について、王政のもとでの権力の行使について、建築について、そして絵画や彫刻にかんして、39のさまざまなテーマからヴェルサイユの真実の姿を明らかにする。

目次

ヴェルサイユはルイ一四世が最初に手がけた建築物だった
ヴェルサイユはルイ一四世のフーケに対する嫉妬から生まれた
宮廷はルイ一四世の即位後すぐにヴェルサイユへ移った
ルイ一四世は子としての情からルイ一三世のヴェルサイユを保存した
ヴェルサイユは巨大な住まいになるはずではなかった
ヴェルサイユは宮廷が最終的にそこにおちついたとき完成した
ヴェルサイユ宮殿はクリエーターたちの協力の成果である
ヴェルサイユはフランス古典主義の傑作である
ヴェルサイユは空気が悪かった
ヴェルサイユの大噴水はルイ一四世の自慢だった〔ほか〕

著者等紹介

ソルノン,ジャン=フランソワ[ソルノン,ジャンフランソワ] [Solnon,Jean‐Fran〓ois]
ブザンソン大学教授。近代史が専門で、アンシャン・レジームのもっともすぐれた研究者のひとりである

土居佳代子[ドイカヨコ]
翻訳家。青山学院大学文学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

毎年、世界中から1千万人を超える観光客が訪れるヴェルサイユ宮殿。ルイ13世統治のつましい建造物として生まれ、ルイ14世がほぼ現在の形に完成させたこの宮殿にかんしては、多くの伝説が語りつがれてきた。果たしてそれらは真実なのか。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件