サイバー戦争論―ナショナルセキュリティの現在

個数:

サイバー戦争論―ナショナルセキュリティの現在

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562053414
  • NDC分類 391.6
  • Cコード C0031

内容説明

陸上自衛隊システム防護隊初代隊長、サイバー防衛の第一人者によるこれからの「戦争論」。全国民が攻撃にさらされ、もはや戦場という概念すら通用しない時代の必読書。

目次

序章 世界は今
第1章 サイバー技術と戦争
第2章 サイバー戦
第3章 サイバー戦争は始まっている
第4章 サイバー兵器とサイバー戦士
第5章 法的問題とサイバー戦略論

著者紹介

伊東寛[イトウヒロシ]
1955年京都府生まれ。慶応義塾大学大学院(修士課程)修了後、陸上自衛隊入隊。技術及び情報系の指揮官・幕僚などを歴任。陸自システム防護隊初代隊長。退官後、シマンテック総合研究所主席アナリスト、株式会社ラック常務理事およびナショナルセキュリティ研究所所長など歴任。工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

陸上自衛隊のシステム防護隊初代隊長、我が国のサイバー戦争の第一人者として知られる著者による、本格的なサイバー戦争論。陸上自衛隊のシステム防護隊初代隊長、我が国のサイバー戦争の第一人者として知られる著者による、定義や範囲から技術論に至る本格的なサイバー戦争論。様々な実例を挙げ、また関連用語集を付してわかりやすく解説した時代の必携本!

伊東寛[イトウヒロシ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件