バーボンの歴史

個数:
  • ポイントキャンペーン

バーボンの歴史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 00時09分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 413p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562052806
  • NDC分類 588.57

内容説明

ぼくらはバーボンのことをなにも知らなかった―多くの史料や証言をもとに、数々の伝説につつまれた草創期からクラフトバーボンが注目される現代まで、政治や経済にも光を当てて描く、はじめての本格的なバーボンの歴史。初心者もマニアも楽しめる情報満載の一冊。

目次

焦がしたオーク樽
ビッグバン
ライ麦と独立戦争
ケンタッキー―暗く血にまみれた土地
大酒飲みの国
氷の王
薬と密造酒
ぼろ儲けのらんちき騒ぎ
ブランド誕生
“純粋”と“イミテーション”
禁酒法
抜け穴
復活と苦難
戦争
海を渡るバーボン
外敵襲来
「安くない味」へ
クラフト・ムーブメント
新しい「伝統」

著者紹介

ミーテンビュラー,リード[ミーテンビュラー,リード] [Mitenbuler,Reid]
ウイスキーや酒文化をテーマに執筆活動を行うライター。『アトランティック』『ウイスキー・アドヴォケート』『サヴール』その他の雑誌およびオンラインメディアに積極的に寄稿。ニューヨーク州ブルックリン在住。『バーボンの歴史』がはじめての書籍

白井慎一[シライシンイチ]
1966年埼玉県生まれ。法政大学経済学部卒。在学中からフランス料理店ル・ポワロにて料理、ホールを学び、1990年埼玉県川口市に「ビア&バーボン・ミルウォーキーズクラブ」を開店。1994年の初渡米以降、ケンタッキー州、テネシー州のすべての大手蒸留所を訪問し、『ザ・ベスト・バーボン』『バーボン最新カタログ』(ともに永岡書店)の取材、編集協力を行なう。バーボンコメンテーターとして雑誌『Whisky World』(ゆめディア)の北米ウイスキーのテイスティング、コラムを創刊以来担当している

三輪美矢子[ミワミヤコ]
東京都生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。レコード会社勤務等を経て、現在は翻訳業に専念。2008年から2013年までインディアナ州およびイリノイ州に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

アメリカを象徴する酒を史料や証言をもとに植民地時代からクラフトバーボンが注目される現在まで、政治や経済、文化の面からも描く

ぼくらはバーボンのことをなにも知らなかった――

多くの史料や証言をもとに、数々の伝説につつまれた草創期からクラフトバーボンが注目される現代まで、政治や経済にも光を当てて描く、はじめての本格的なバーボンの歴史。
初心者もマニアも楽しめる情報満載の一冊。

◎監訳者あとがき より
本書は、17世紀の昔、はるかヨーロッパから新大陸に足を踏み入れた入植者たちの時代まで遡り、アメリカンウイスキーの成り立ちやバーボン業界の歴史を詳細に書いた本である。
私の知る限り、これまで日本で出版された本のなかで、バーボンの歴史についてここまでくわしく書いた本は見たことがない。
すでにこの本を読み終えた日本の読者は、今まで刊行されたさまざまなバーボンの本を読んでもわからなかった疑問や謎の多くが本書で解決されたのではないかと思う。
もちろん、バーボンの本は初めて読むという方にも、建国以来のアメリカが酒とどのように関わってきたのか、独立戦争、南北戦争、二度の世界大戦や朝鮮戦争、ベトナム戦争などとの関係、アメリカ史上最悪の法と言われている禁酒法について、さらには政治やバーボン業界の興亡の歴史など、興味深く読める内容となっている。
著者はさまざまな面からバーボンについて語る。
一九世紀以前のアメリカにおけるバーボンの歴史や位置づけ。
過去のアメリカンウイスキーはコーン使用なのかライ麦使用なのか。
ウイスキー税の度重なる増税に対するウイスキー業者の知恵と対応。
後半になってくると日本人のわれわれにも馴染みのある名称や人物名が度々登場してくる。
現在でもひんぱんに繰り返されている蒸溜所の閉鎖や買収の歴史。
冷戦になぞられたウォッカとのシェア争い。
二極化する市場(スタンダードかスーパープレミアムか、大手メーカーかクラフト蒸溜所か)。
最後の二章では、21世紀以降に再びブームになったクラフト・ウイスキーと、近年のライウイスキー事情やこれからのアメリカンウイスキーへの期待について書いている。
酒は文化だ、とはよく言われる言葉だが、まさしくバーボンの歴史はアメリカとアメリカ人の文化であることがよくわかる。

◎目次
序章 焦がしたオーク樽
第1章 ビッグバン
第2章 ライ麦と独立戦争
第3章 ケンタッキー――暗く血にまみれた土地
第4章 大酒飲みの国
第5章 氷の王
第6章 薬と密造酒
第7章 ぼろ儲けのらんちき騒ぎ
第8章 ブランド誕生
第9章 ??純粋?≠ニ??イミテーション??
第10章 禁酒法
第11章 抜け穴
第12章 復活と苦難
第13章 戦争
第14章 海を渡るバーボン
第15章 外敵襲来
第16章 「安くない味」へ
第17章 クラフト・ムーブメント
第18章 新しい「伝統」

序章 焦がしたオーク樽
第1章 ビッグバン
第2章 ライ麦と独立戦争
第3章 ケンタッキー――暗く血にまみれた土地
第4章 大酒飲みの国
第5章 氷の王
第6章 薬と密造酒
第7章 ぼろ儲けのらんちき騒ぎ
第8章 ブランド誕生
第9章 ??純粋?≠ニ??イミテーション??
第10章 禁酒法
第11章 抜け穴
第12章 復活と苦難
第13章 戦争
第14章 海を渡るバーボン
第15章 外敵襲来
第16章 「安くない味」へ
第17章 クラフト・ムーブメント
第18章 新しい「伝統」

【著者紹介】
Reid Mitenbuler――ウイスキーや酒文化をテーマに執筆活動を行なうライター。『アトランティック』『ウイスキー・アドヴォケート』『サヴール』その他の雑誌およびオンラインメディアに積極的に寄稿。ニューヨーク州ブルックリン在住。本作は著者のはじめての書籍。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件