あんずの木の下で―体の不自由な子どもたちの太平洋戦争

個数:
  • ポイントキャンペーン

あんずの木の下で―体の不自由な子どもたちの太平洋戦争

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2016年12月05日 13時32分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 174p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562051908
  • NDC分類 K916

内容説明

昭和7年、日本で初めて設立された手足の不自由な子どもたちのための「光明学校」。(現在の東京都立光明特別支援学校)戦力にならないから、障害があるから―理不尽な理由で学童疎開の「対象外」にされた生徒たちを自力で避難させた校長先生、そして、温かく迎え入れた村人たち。だれも知らなかった戦争がここにある。

目次

はじめに―東京から届いた一通のメール
第1章 運命を乗せた列車
第2章 学童疎開と光明学校
第3章 ふたつの疎開
第4章 悲しい別れ
第5章 あんずの木の下で
第6章 鳴りひびく空襲警報
第7章 終わらなかった疎開生活
おわりに―なぜ、戦争はなくならないのか。

著者紹介

小手鞠るい[コデマリルイ]
1956年、岡山県生まれ。同志社大学法学部卒業。1981年、第7回サンリオ「詩とメルヘン賞」を受賞。1993年、第12回「海燕」新人文学賞を受賞。2005年『欲しいのは、あなただけ』(新潮社刊)で第12回島清恋愛文学賞を受賞。2009年原作を手がけた絵本『ルウとリンデン 旅とおるすばん』でボローニャ国際児童図書賞を受賞。ニューヨーク州在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

国に何度も見捨てられた手足の不自由な子どもたちの日本一長い「学童疎開」とは。知られざる感動のノンフィクション。


それでも生きる――
「お国」に見捨てられても。

国に何度も見捨てられた障害のある子どもたちの
日本一長い「学童疎開」とは。
知られざる感動のノンフィクション。

昭和7年、日本で初めて設立された、手足の不自由な子どもたちのための「光明学校」(現在の東京都立光明特別支援学校)。
戦力にならないから、障害があるから――
そんな理由で学童疎開の「対象外」にされた生徒たちを自力で避難させた校長先生、そして、温かく迎え入れた長野県上山田温泉の村人たち。
涙にくれた親との別れ、
野草で飢えをしのぐ日々、
鳴り響く空襲警報。
そして迎えた8月15日の終戦。
だが、戦争が終わっても光明学校の学童疎開は終わらなかった――。

知られざる「障害者たちの戦争」がここにある。

小手鞠るいが、読みやすい文章で子どもから大人まで幅広い世代に贈る「命のメッセージ」。

はじめに――東京から届いた一通のメール
第1章 運命を乗せた列車
第2章 学童疎開と光明学校
第3章 ふたつの疎開
第4章 悲しい別れ
第5章 あんずの木の下で
第6章 鳴りひびく空襲警報
第7章 終わらなかった疎開生活
おわりに――なぜ、戦争はなくならないのか。

【著者紹介】
1956年、岡山県生まれ。同志社大学法学部卒業。 1981年、第7回サンリオ「詩とメルヘン賞」を受賞。1993年、第12回「海燕」新人文学賞を受賞。2005年『欲しいのは、あなただけ』(新潮社刊)で第12回島清恋愛文学賞を受賞。2009年、原作を手がけた絵本『ルウとリンデン 旅とおるすばん』でボローニャ国際児童図書賞を受賞。そのほかの著書に、『泣くほどの恋じゃない』(原書房刊)、『心の森』(金の星社刊/第58回青少年読書感想文全国コンクール課題図書)『お菓子の本の旅』『思春期』(講談社)などがある。ニューヨーク州在住 。