十字軍「聖戦」秘譚―対立と融合の真実

個数:
  • ポイントキャンペーン

十字軍「聖戦」秘譚―対立と融合の真実

  • 伊藤 敏樹【著】
  • 価格 ¥2,808(本体¥2,600)
  • 原書房(2015/05発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 52pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 23時00分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 317p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562051663
  • NDC分類 230.45

内容説明

聖地はなぜ共栄を捨て、堕落と退廃に塗れたのか―旧約聖書より続く神の業、なのか。残された原典史料を徹底検証して見えてくる「歴史」から消された聖戦の実相を活写する。

目次

第1部 パレスティナ、シリアにて(近東に根をおろす西欧キリスト教徒;キリスト常駐軍のありかたを定める三つの規約;失ったものの奪回;スンニ派の覇権確立に向けて、エルサレム王国では;キリスト教徒敗北;聖都喪失の背景に;聖地奪回に総力を傾ける西欧勢)
第2部 ビザンツ、エジプト、チュニジアに矛先を向ける西欧十字軍(ビザンツ攻略、ラテン帝国成立;エジプト奪取の大野望;新遠征にむけて;モンゴル帝国、版図拡大;ルイ九世のエジプト・パレスティナ遠征、迎え撃つバイバルス;モンゴル勢の西方大遠征、パレスティナのキリスト教徒;フランス王ルイ末弟シャルルの動き;モンゴル、マムルーク、西欧それぞれの覇権構想の行方;近東総撤退まぢかの現地西欧キリスト教徒)

著者紹介

伊藤敏樹[イトウトシキ]
1941年生まれ。東京外国語大学フランス語科卒。名古屋大学大学院修士課程修了。ソルボンヌ大学大学院で第三期博士号取得。パリ大学講師、日本大学教授等を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

聖地をめぐってキリスト教とイスラム教がしのぎをけずるという構図に欠けていたもの。それは古くから中東にあるバール神、女神アタルガティス信仰の根の深さではないのか。これまでにない視点で十字軍と人々の姿を俯瞰した意欲作。