ヴィクトリア女王の王室―側近と使用人が語る大英帝国の象徴の真実

個数:
  • ポイントキャンペーン

ヴィクトリア女王の王室―側近と使用人が語る大英帝国の象徴の真実

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 13時52分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 466,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562051137
  • NDC分類 288.493

内容説明

大英帝国の最盛期をつくりあげた女王の素顔を知る者たちだけが描ける英国史。女官、秘書官、主治医、首席司祭、インド人使用人といった女王に仕えた人々が遺した大量の日記や書簡から浮かび上がる英国王室のドラマ。

目次

第1部 「女王はとても幸せな女性なのです」(一八三八年、ウィンザー城;醜聞と危機;愛に満ちた宮廷;育児担当責任者、サラ・リトルトン ほか)
第2部 「わたしの心は完全に粉々になってしまいました」(頼れる誰か;秘書官、ヘンリー・ポンソンビー;バルモラル城での流儀;東方問題と内政問題 ほか)

著者紹介

ハバード,ケイト[ハバード,ケイト] [Hubbard,Kate]
ケンブリッジ大学卒業後、研究者、教師、書評家として活躍、フリーの編集者となる。著書に女性を主人公とした伝記が数多くある

橋本光彦[ハシモトミツヒコ]
東洋大学文学部国文学科卒。翻訳学校フェロー・アカデミーで翻訳を学んだあと、現在は文芸、記事翻訳に従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

大英帝国の最盛期をつくりあげた女王の素顔を知る者たちだけが描ける英国史。
女官、秘書官、主治医、首席司祭、インド人使用人といった女王に仕えた人々が
遺した大量の日記や書簡から浮かび上がる英国王室のドラマ。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件