使用人が見た英国の二〇世紀

個数:
  • ポイントキャンペーン

使用人が見た英国の二〇世紀

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月11日 03時40分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 417,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562050864
  • NDC分類 366.8

内容説明

家庭を営み、ステータスを誇示するため、二〇世紀初頭の英国では、最貧困層を除くほとんどの階級、八〇万世帯が使用人を雇っていた。家事奉公人の仕事と制度を通して、家と社会の激動の時代をあざやかに描き出す。

目次

第1部 象徴的なしぐさ
第2部 神聖なる信頼
第3部 アンビバレンスの時代
第4部 虚飾と精神生活
第5部 新しいエルサレム
第6部 「彼女たちの時代はもうごめんです」

著者紹介

レスブリッジ,ルーシー[レスブリッジ,ルーシー] [Lethbridge,Lucy]
作家。ロンドン在住。児童向けの伝記や歴史読み物を多数執筆してきた。2002年に上梓したAda Lovelace:The Computer Wizard of Victorian England(Who Was…?)で、BBC主宰のブルー・ピーター・ブックアワードのノンフィクション部門賞受賞

堤けいこ[ツツミケイコ]
翻訳家・文筆家。ロンドン大学ゴールドスミス校大学院視覚芸術学部修士課程修了。1988年から2005年のあいだに3回渡英し、ロンドンで11年暮らす。雑誌『Casa Brutus』をはじめ記事の執筆多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

家庭を営み、ステータスを誇示するため、20世紀初頭の英国では、
最貧困層を除くほとんどの階級、80万世帯が使用人を雇っていた。
家事奉公人の声なき声を収集し、彼らの仕事と身分制度を通して描き出す、
もうひとつの英国史。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件