祖父はアーモン・ゲート―ナチ強制収容所所長の孫

個数:
  • ポイントキャンペーン

祖父はアーモン・ゲート―ナチ強制収容所所長の孫

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月03日 03時00分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 259p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562050840
  • NDC分類 289.3

内容説明

ジェニファー・テーゲは、ドイツ人とナイジェリア人との間に生まれ、養親のもとで成長し、後にイスラエルで大学教育を受けた。家族の秘密に直面した彼女は、音信不通だった生みの母親と再会する。このままでは、ユダヤ人の友達に対して顔向けができないし、自分の子供にも納得してもらいたい。ジャーナリストのニコラ・ゼルマイヤーとともに、家族史を調査して過去の現場を訪れ、イスラエルとポーランドへ行き来しながら、実母の家族、養母の家族が崩壊しかねない衝撃に、傷つきながらも真摯に向かい合う。

目次

序章 発見
1章 私は大量殺人者の孫
2章 プワショフ強制収容所の支配者 祖父アーモン・ゲート
3章 所長夫人 祖母ルート・イレーネ・カルダー
4章 死者と過ごした人生 母モニカ・ゲート
5章 被害者の孫 イスラエルの友だち
6章 クラクフの花

著者紹介

テーゲ,ジェニファー[テーゲ,ジェニファー] [Teege,Jennifer]
1970年生まれ、ドイツ人とナイジェリア人との間に生まれた娘。生後4週間目で養護施設へ預けられ、7歳で養子縁組に出された。4年間、イスラエルで暮らし、そこで大学教育を受けている。1999年以来、広告・宣伝業界でコピー・ライターおよび企画に関わっている。ハンブルク在住

ゼルマイヤー,ニコラ[ゼルマイヤー,ニコラ] [Sellmair,Nikola]
1971年生まれ、ドイツ・ジャーナリスト・スクール卒業。ミュンヘン大学で、政治学、経済学およびコミュニケーション学を学ぶ。2000年以来、雑誌『シュテルン(Stern)』編集部。多数のジャーナリスト賞を受賞している

笠井宣明[カサイヨシハル]
1956年生まれ。ミュンヘン大学文学部修士課程修了(Magister/修士)。アイヒシュテット=インゴルシュタット・カトリック大学文学部博士課程修了(Dr.Phil/哲学博士)。ミュンヘン大学、フンボルト大学、ボン大学を経て現在ミュンヘン大学日本センター専任日本語上位教官、兼交換留学指導教官。専門はドイツ語教育、日本語教育、対照言語学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

映画『シンドラーのリスト』で、時間つぶしに人を撃ち殺す冷血な親衛隊司令官。
それがアーモン・ゲート。
黒肌の著者は38歳になって初めて自分のルーツを知る。
当時ならば祖父に撃ち殺されていたかもしれない。
ナチスの罪を心に背負う子孫の苦悶。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件