図説 メイドと執事の文化誌―英国家事使用人たちの日常

個数:

図説 メイドと執事の文化誌―英国家事使用人たちの日常

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年06月23日 14時23分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 317p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784562048557
  • NDC分類 366.8

内容説明

19世紀から20世紀初めにかけて、英国の大きな屋敷で働いた人々はどのような毎日を送っていたのだろう。本書は家令からフットマン、コックからハウスキーパー、ナースメイドまで、無名の人々の日常生活を、残された手紙や日記、帳簿、料理帳、ワインセラー帳、薬の調合ノート、あるいは「使用人規則」など膨大な資料から明らかにしてゆく。職務によってさまざまな役割を果たした家事使用人の専門技術、権限、季節の行事、服装、食事、採用、給料まで、邸宅内部のカラー写真とともに解説。「階下」の知られざる生活を今に示す。

目次

第1章 使用人としての生活
第2章 階下の登場人物たち
第3章 「大きなお屋敷」の世界
第4章 日々の職務と大きな催し
第5章 使用人の暮らし
第6章 終わりの始まり

著者紹介

エヴァンズ,シャーン[エヴァンズ,シャーン][Evans,Si^an]
文化史家。英国の歴史的邸宅に関する豊富な知識を駆使して、知られざる過去の家事使用人の生活を探究している。歴史的建築物や景観の保護をおこなう英国のナショナル・トラスト、ヴィクトリア&アルバート博物館、デザイン博物館勤務を経て著述家

村上リコ[ムラカミリコ]
千葉県生まれ。東京外国語大学卒業。翻訳家、フリーライター。19世紀から20世紀初頭にかけての英国の日常生活、特に家事使用人、女性と子どもの生活文化をテーマとして、メイドや執事に関するテレビ番組の時代考証や監修もおこなう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

18世紀から19世紀の英国では、全労働人口の約15%が家事使用人として働いていたという。
本書はヴィクトリア/エドワード朝時代の英国カントリーハウスで働くメイドや執事を中心に、
無名の人々の暮らしぶりを、残された手紙や日記、帳簿、料理帳、ワインセラー帳、
薬の調合ノート、あるいは「使用人規則」など膨大な資料から読み解き、
「階下」の知られざる生活を今に示す。
ディケンズやクリスティ、ドイルの小説に描かれた背景世界に興味のある読者も、
マナーハウスやカントリーハウスのインテリアに関心のある読者も楽しめる一冊。